本田圭佑が「何しに来たんや!」宇佐美貴史が明かすW杯の裏側

  • W杯期間中ストレスにさらされた槙野選手に起きた異変 
  • 「倒れるわけがない」クレームも!?"強すぎる"ボクシング井上選手の悩み
  • ムエタイ宮内選手のリングネーム誕生秘話

さまざまな競技で活躍するアスリートたちは、日本だけにとどまらず、世界の舞台でも戦っている。

7月29日に放送された「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系列)では、世界で活躍するアスリートが集合し、大舞台で活躍するために抱えたストレスや失敗、驚きのエピソードなどを明かした。

W杯での槙野選手の隠れた奮闘

日本中が湧いたW杯ロシア大会。

サッカー日本代表の宇佐美貴史選手は、初めてのW杯を「いろいろな経験ができて、実りある時間だった」と振り返るが、期間中の約1か月半はものすごいストレスにさらされたと振り返る。

そんな状況の中、槙野智章選手がある日、上唇を腫らしてしまったという。

宇佐美選手は「槙野選手はストレスを上唇のみに発症したんです。ベルギー戦の当日で、朝食を食べるときにこうなってて…」と告白。槙野選手に対して選手たちは「そこまで盛り上げようとしなくていいよ」と突っ込んだそうだ。

日本での盛り上がりも「新聞もテレビも見ることができないので全く伝わっていなかった」と宇佐美選手は話した。

だが、「そこも槙野選手が担っていて、すべての情報を網羅しているので、勝利した後に『日本がどうなっている』とか、『新聞はこういった記事が出てる』『メディアはこういった情報を欲しがっている』といったことを選手全員にアナウンスする役割でした。それを食事会のたびに話すので、本田(圭佑)選手が『何しに来たんや』と(ツッコミを入れていた)」といったエピソードを明かした。

ただ、日本の報道と違ったことについては、第3戦のポーランド戦で「長谷部(誠)選手が途中出場した時に、“イエローカードをもらうな”といったジェスチャーをしていて、選手全員がそれを理解していたと報道では出ていたんですけど、選手はそこまでわかっていなくて『なんなんだ?あのジェスチャーは』」となったという。

さらに、宇佐美選手は賛否両論あった決勝トーナメント進出を掛けたポーランド戦のあとに、チームの団結力が増した出来事や、世間のイメージとは違う本田選手の素顔について明かした。

海外メディアの取材でスベって悔しい思い…

今年5月、国内最速となる16戦目で3階級制覇を成し遂げたWBA世界バンタム級王者、ボクシングの井上尚弥選手。

2014年、当時の世界最速プロ8戦目で2階級を制覇し、2018年5月からはバンタム級へと階級をあげ、10年間負けなしのチャンピオンを1ラウンド112秒で倒し、3階級制覇。

いま、世界中から注目されている井上選手は、強すぎて悩んでいることがあるようで「区切りの試合でいい勝ち方ができても、チャンピオンが弱いんじゃないかとか、井上はまだ試されていないとか。どうしたらそういった人たちが黙るのかと考えてしまう…」と打ち明けた。

それを聞いた武井壮さんは「すごい強い選手と戦っていますけどね。オマール・ナルバエスだったり、伝説みたいなチャンピオン倒していて。ナルバエスはボディーでやられたんですけど、セコンド陣営が『うちのナルバエスが簡単に倒れるわけがない!グローブに何か入ってる!』とクレームつけられているくらいなんですよ」と井上選手をフォロー。

だが、井上選手にとって、そんな悩みを吹き飛ばし、自身の強さを証明できる大会がある。

そもそもボクシングは17の階級ごとにチャンピオンが存在し、「WBA」「WBC」「IBF」「WBO」とメジャーな団体が4つある。
それぞれにチャンピオンがいるため、誰が本当に一番強いのかわからない状態だという。

昨年ヨーロッパで始まった新しい大会「WBSS ワールドボクシングスーパーシリーズ」は、そういった状況に終止符を打つ戦いで、階級ごとに4団体の王者と上位選手の計8人が最強を争う。

このトーナメントを勝ち抜けば、各団体のベルトを総取りでき、真のチャンピオンになれるという。

今年の秋から始まるバンタム級のトーナメントにも最強にふさわしい豪華な顔ぶれが揃っているため、井上選手はこの強者しか集まらない大会で優勝すれば、強さを証明することができるかもしれない。

井上選手は「日本人で初めて出場できることを誇りに思って、優勝できるようにいきたい」と意気込んだ。

強すぎるがゆえに世界から注目されている井上選手は、海外メディアの取材にも応じることがあり、そこで悔しい思いをした経験があるという。

「アメリカの記者から『卵も割れない様な少年だけど…』と言われて、チクショーと思って、『明日は卵を割ってやりますよ』と言ったらスベッちゃった」とカミングアウト。

微妙な雰囲気となってしまったというその時の映像を改めてスタジオで見た井上選手は、「この時は減量中で口もパサパサしてて、脳もまわらなくて声も出ないし、スベるし…」と苦笑いだった。

試合前に毒を盛られる!?一同驚愕

タイで武者修行を行い、数々の戦いに勝利し、通算で8本のベルトを手に入れるなど、タイ人ばかりの中で日本の女王として君臨しているムエタイ・宮内彩香選手。

ムエタイを始めたきっかけを「自分の嫌なことに飛び込もうと。小さい時にやっていた空手がすごく嫌いだったので、それを克服した時に精神的に強くなるんじゃないかと思って格闘技の世界に飛び込んだ」と話した。

「リトルタイガー」というリングネームの宮内選手には、そのリングネームが誕生したあるきっかけと出会いがあるという。

当時歯科助手をしていた24歳の宮内選手は、「ムエタイの選手になる!」と寿司店を営む父親に告げるも大反対されてしまう。

しかし、食い下がる宮内選手に頭を悩ませた父親は、常連客だった初代タイガーマスクの佐山聡さんに「娘を止めてほしい」と相談。

だが、佐山さんは「僕が教えましょう」と父親の気持ちとは裏腹に宮内選手を後押し、宮内選手は佐山さんの弟子になった。こうして「リトルタイガー」というリングネームが生まれたという。

そんな宮内選手は「タイでは知らない人に身体を触られたり、飲み物をもらってはいけないというのがあって、試合前に毒を盛られる可能性が…」と何食わぬ顔で告白。

スタジオにいるアスリートたちもこの話に驚きを隠せない様子だが、宮内選手は「試合前は誰にも触らせないし、水は自分が用意したものしか飲まない」と続ける。

MCの浜田雅功さんは思わず「かなり昔の話でしょ?」と疑うも、宮内選手は「今もあります。試合中にお腹が痛くなってできなくなったり、泡吹いちゃったり。ダウンで泡吹くんじゃなくて毒で泡吹いちゃう」と明かした。

世界で戦うにはストレスやメディア対応、そして命の危険にさらされることもある。

さまざまなことを乗り越えて活躍するアスリートたちの今後に期待したい。


『ジャンクSPORTS』毎週日曜日夜7:00~7:57放送

ジャンクSPORTSの他の記事