獣医師が監修!ネコと暮らすためのリノベ住宅 ポイントは嫌がる材質!?

カテゴリ:ビジネス

  • 獣医師監修でペットと人にやさしいリノベーション住宅
  • ペットと一緒に暮らす部屋に特化したプラン
  • 「そそう」も安心の床、「爪とぎ」したくない壁

ワンちゃんネコちゃんと暮らしている人は多いと思うが、一緒に住んでいる家に不満を感じたことはないだろうか?
「壁に傷がいっぱい」「床がシミだらけ」…そんな不満がある人の助けになるかもしれないサービスが7月19日から始まった。

中古マンション再生などを扱うグローバルベイス株式会社は、田園調布動物病院と共同で「マイリノペット」という、ペットと人が快適に過ごすためのリノベーションプランを提供する。
その背景には、ペット飼育可のマンションも増えているが、人が暮らすための空間であって、ペットが楽しく健康的に暮らすことを想定した部屋作りを行っている物件は、まだまだ少ないということがあるという。

その第一弾として始まったのが、文字通りネコちゃん向けの「マイリノペットforねこ」。
獣医師が監修すると、普通のリノベーション住宅とどう違うのか?担当者に聞いてみた。

――どんなサービスなのか?

もともと当社は、マンションの一室を買い取り、壁や床や間取りをすべて取り換えるリノベーションを行ったお部屋を販売しておりました。
年間300戸以上のマンションをリノベーションしていましたので、中古マンションの情報も集まってきます。
そこで2年ほど前から、お客様と一緒に物件探しから始め、お客様がご購入したお部屋をリノベーションする「マイリノ」というサービスを始めました。
「マイリノペット」はペットと一緒に暮らす部屋に特化したプランで、その第一弾としてネコと一緒に暮らす「マイリノペットforねこ」を展開することになったのです。

今では、ペットとの暮らしに合わせたリノベーションサービスはたくさんあるのですが、当社では獣医師の先生にしっかり監修していただいた上で、人にもネコちゃんにも使いやすく健康に過ごせる住まい作りを手がけております。


――普通の部屋でペットを飼うとどんな問題があって、それをどう解消しているのか?

たとえばペットを想定していないお部屋だと、トイレを置く場所に困ったり匂いの問題も出てくると思います。
当社では、たとえばトイレコーナーや水飲み場があるオリジナル洗面台、隠れるスペースがあるオリジナルソファ、ネコちゃんが自由に遊んだりできるキャットスペースの設置を推奨しています。
もちろん完全オーダーメイドなので、お客様が必要ない部分などは、ご希望に沿って柔軟に対応します。

トイレコーナーや水飲み場がある洗面台

「爪とぎ」したくなくなる壁

「マイリノペットforねこ」の公式サイトでは、プランの特徴として次の3つを挙げている。
1 .オリジナル家具で、掃除やにおい対策もバッチリ。見た目もスッキリと美しく。また、猫ちゃんの運動不足解消にも配慮
2 .獣医師が認定する安心の素材選定とリノベーションプラン
3 .猫も人も快適に暮らせる間取りのご提案

実際に購入することになると、物件探しから引き渡しまで約4か月半~半年程度かかることになるという。


――ネコ向けの部屋を提案してくれるのか?

こちらからもお部屋のご提案をしたうえで、お客様と一緒に作っていくことになります。


――獣医師が監修するのは具体的にどういった部分なのか?

壁材、床材などの素材や間取りです。
設計士が作った間取りに対して、危険が予測される個所を指摘していただいたり、運動スペースの広さなどをアドバイスをしていただきます。



隠れるスペースがあるソファ

――ペット向きの床や壁とはどういうものなのか?

床は自然な木の素材感を生かしながら滑りにくく、ネコちゃんが「そそう」をしても水分が染み込まないフローリングを推奨しています。
壁は火山灰が原料の塗り壁で、素材の粒子に目に見えない細かな穴があり、ペットの匂いを吸着して湿度も快適に保ちます。

――壁にこだわってもネコが爪とぎしてボロボロになるのでは?

実はネコちゃんが嫌がる材質を使っています。
性格や体質にもよるので100%安心とはいえないんですけれど、今まで使っていたメーカーさんに聞いたところでは、最初は気になって触ったネコちゃんも「これじゃない」という感じ、もう触らなくなるそうです。

――普通のリノベよりお金がかかるのでは?

物件によって変わってくるので、一般的なリノベーションと比べてどのぐらい違うのかは、はっきり申し上げにくいところですが、オリジナルで製作するものなどがあるのでプラスされる金額はあります。

――なぜ最初にイヌではなくネコ向けプランにしたのか?

ネコ向けプランを第一弾として選ばせていただいた理由は、都内の一人暮らしの方でもネコを飼われるケースが増えているというがあります。
ここからは余談ですが、社内で猫を飼っている人が多いんです。
販売や物件調達のスタッフにもネコ好きがいて、そういう人たちからネコ向けリノベのアイディアが出てくるという側面もあります。

様々なペット向けのサービスが登場している中、もはや家の主役もペットなのだろうか?こだわりのリノベーション住宅の内覧にもネコちゃんを連れていき、お伺いをたてないといけニャイかも。