アマゾンが会員向けビッグセール開催!「プライムデー」に戦略あり

カテゴリ:地域

  • アマゾンが年に一度のプライム会員のためのビッグセールを開催
  • 16日の正午から17日午後11時59分まで36時間限定
  • 中国ネット通販大手・アリババの手法に似ている

2018年もやって来た、年に一度のプライム会員のためのビッグセール!
16日の正午から17日午後11時59分までの36時間限定で行われる、ネット通販大手・アマゾンが開催している「アマゾン・プライムデー」。

日本を含めた17カ国で行われ、参加できるのは有料のプライム会員のみだが、今年は少し様子が違うという。

ほぼ全ての商品を値下げ

ITジャーナリストの三上 洋氏は、「今までは特別な目玉商品を用意してそれを極端に下げる、非常に安くするやり方でした。しかし、今年のプライムデーは、かなり幅広いジャンルで、ほぼ全ての商品で値下げをしています」と話す。

三上氏によれば、日本では数百万人、世界には1億人ほどアマゾンの有料会員がいるといわれる。

目的はプライム会員の増員

「独身の日」記念日セール

プライムデーという特別な日に会員たちをあらためて引きつけるアマゾンの手法。

これは、中国の「独身の日」という記念日に合わせセールを行い、1日の取引額が2兆8,000億円を超えた中国のネット通販大手・アリババの手法に似ているという。

しかし、目的は売り上げだけではないという。

三上氏は、「プライム会員を増やすための戦略だと思われます。アマゾンにとっては、このプライム会員というのは、固定の収入となるため利益率が非常に高く、各国でプライム会員を増やそうという努力をしています」と話す。

さまざまな手法で有料会員数の更なる拡大を狙うアマゾン。
その勢いに、減速の兆しは見られない。

(「プライムニュース α」7月16日放送分)

プライムニュース αの他の記事