世界的ブーム!秋田犬の目線で観光案内

  • 秋田犬は世界的ブーム!ザギトワ選手に続き 元朝青龍にも贈呈
  • 秋田犬の故郷 大館市では「犬の目線」で観光地をPR
  • ピンとたった耳や丸いしっぽが超キュート!再生回数100万越!

「マサル」のいとこは「マサオ」

子犬になつかれ満面の笑みを浮かべているのは、大相撲 元横綱 朝青龍さん。
現役時代の厳しい形相からは想像もつかない、デレデレの笑顔。
この愛くるしい子犬は「秋田犬」。
朝青龍さんから、「秋田犬が欲しい」との要望を受けた秋田犬保存会が、10日モンゴルを訪れ生後2カ月になるオスの子犬を朝青龍さんに贈呈した。

秋田犬といえば、平昌オリンピックフィギュアスケートの金メダリスト、ロシアのザギトワ選手に贈呈されたメスの秋田犬・マサルが有名だ。

実は、朝青龍さんに贈呈された秋田犬は「マサル」のいとこで、その名前は「マサオ」。
ちなみに、漢字では「勝雄」と書くそうだ。

再生回数100万越え!

今や世界中で愛されている秋田犬。
その発祥の地とされる秋田・大館市では11日、秋田犬の背中にカメラをつけて散歩している姿が…。

地図上の景色を、まるでその場にいるかのように360度見渡せるグーグルのストリートビュー。
今年、平成30年が戌年であることから「あ、きた(いぬ年)キャンペーン」と銘打ち
大舘市の人気スポットを、“秋田犬の目線”で楽しむことができる映像を3月に公開。
秋田犬の丸まったしっぽやピンと立った耳などが観光地の風景に映り込んでいる臨場感が人気となり、
再生回数は半年で100万回を超える結果となった。

今回、さらに画像を投稿するため、大館市が飼っている秋田犬「あこ」が、背中にカメラを背負い、夏でも涼しい風が吹き出す大館市の名所「長走風穴」や、秋田県の文化財等に指定されている「鳥潟会館」、県内でも屈指の歴史がある「松峰神社」の3か所で撮影に臨んだ。

前回 大館市が公開したストリートビューの画像より

大館市観光課は、「ストリートビューで見られる大館市の風景に秋田犬を映し出すことで、秋田犬に会える大館市を、皆さんに、画面上からでも楽しんでもらえればと思う」と話す。

日本が誇る秋田犬。その人気は、世界中に広がっている。

(プライムニュース イブニング 7月12日放送分より)


 

プライムニュース イブニングの他の記事