すべてを交換するには130年以上。なぜ、水道料金が値上がっているのか?

めざましテレビ
カテゴリ:暮らし

  • 「老朽化した水道管の破裂」が原因のトラブルが続発
  • 老朽化した水道管を取り換える莫大な工事費用をまかなうための値上げ
  • 値上げや工事を先送りにしたら「将来世代に大きなツケを残す」

今月4日、東京・北区のJR駒込駅近くの住宅街では、約150メートルに渡って、まるで川のような状態になってしまった。

この原因は「老朽化した水道管の破裂」で、今、こういったトラブルが全国で続発している。

水道料金が「過去最高」を連続更新

厚生労働省によると、年間で2万件を超える漏水・破損事故が発生しているという。

また、2006年以降、全国の水道料金が年々上がり続け、ここ4年は毎年のように「過去最高」を更新し、2017年の一般家庭の平均月額は3,228円(水 20立方メートル使用時の月額)に達した。

なぜ、水道料金が過去最高を連続更新しているのか。

老朽化した水道管を取り換える費用のため…

川崎市では現在、耐震化した水道管への交換を進めている。

水道料金の値上げはしないとしているが、今後5年間で交換工事には約325億円かかる見通しだという。

また、ことし、横須賀市で交換された水道管は、約46年もの間、地下に埋まっていたもので表面にはサビが多くみられる。

厚生労働省によると、現在の全国の水道管の総延長は約67万キロメートルで、そのうち、交換の目安とされる40年を超えた古い水道管は約10万キロメートル。

さらに、老朽化した水道管を新しくするには、推計で1キロメートル当たり、約1億5000万円もの費用がかかるといい、莫大な工事費用をまかなうために、水道料金を値上げせざるを得ないという。

東京などの都市部では、交換の際に地震に強い水道管を導入。

古くなった水道管は地震の揺れでつなぎ目が外れ、水が漏れだしてしまうが、地震に強い水道管は、つなぎ目が伸び縮みする仕組みになっているため、地震で大きく揺れても、つなぎ目が抜けないという。

だが、耐震化は全国で38%に留まり、すべての水道管を交換するには130年以上かかると見られている。

そして先月、震度6弱の地震に襲われた大阪府では、府内各所で水道管が破裂し、約10万戸が一時断水を余儀なくされた。

実は、大阪府の水道管の3割は耐用年数を超えており、老朽化率は全国ワースト1。

大阪府の一般家庭の水道料金をみると、月額で全国の平均より約400円ほど安い2,813円(水20立方キロメートル使用時の月額)。

比較的、水道代が安い反面、工事費用が不足し、水道管の交換が思うように進められないという。

「人口の減少」も影響…

さらに、全国で水道料金の値上げがされている理由はもう一つある。

神奈川県・大井町は、2018年4月から19年ぶりに水道料金を約2割引き上げた。

町の一般家庭で、月額573円(水50立方メートル使用時)の値上げとなる計算だが、その理由は日本全体で進行する現象にあった。

大井町生活環境課の香川倫幸さんは「人口減少に転じて、給水量や料金収入もどんどん減ってきたということが、一つ大きな要因」と話した。

水道施設の運営コストなどはほぼ一定だが、利用者の人口が減り続けることで、世帯当たりの負担が増加するという構図があるという。

大井町では今回の値上げで料金収入が月300万~400万円ほど増加したが、香川さんは「正直、これでも足りてないです」と訴えた。

費用が足りないという自治体は多く、全国の約3割の自治体で、水道料金が原価割れを起こしているという。

私たちの生活に欠かすことができない「水道」。

この値上げの必要性について水ジャーナリスト・橋本淳司さんは「水道料金を上げずに修理を先送りにした場合、ある日突然いっぺんに工事ということになると、水道料金もそれに伴って一気に上がるので、その時の将来世代に大きなツケを残すことになります。少しずつ、値上げをしていく必要があるということです」と話した。

(「めざましテレビ」7月13日放送分より)

めざましテレビの他の記事