【豪雨災害】ココに気を付けて!「水害」で保険はどこまで補償?

  • 水害は火災保険が補償。ただしプランの再確認を
  • 床上、床下、屋根まで浸水。どの程度補償される?
  • 修理・片付けの前にしておくべきことは?

水害での損害は火災保険が補償

水害の場合はどのような保険が適用され、どこまで補償されるのだろうか。ファイナンシャルプランナーの平野敦之さんに解説してもらった。

火事は火災保険、地震は地震保険、水害の場合は?

今回の豪雨では浸水で多くの家屋が被害を受けた。火事なら「火災保険」、地震なら「地震保険」に加入してあれば補償を受けられますが、水害の場合はどうなるのか?

平野敦之
水害での損害は火災保険の補償ということなりまます。ただ古いタイプの火災保険や現在でもプランによっては水害が補償されないことがあるので、確認が必要です

「床下浸水」「床上浸水」どの程度補償される?

一口に水害と言っても損害の程度は様々。一口に浸水と言っても「床下浸水」「床上浸水」「屋根まで浸かった」など色々あるが、どこから、どの程度まで補償されるのか?

平野敦之
一般的な場合、床上浸水または地盤面から45cm以上の浸水が補償される。さらに建物または家財それぞれの再調達価額(再購入するために必要な金額)の30%以上の損害が出た場合となっています

保険をスムーズに受け取るために必要なことは?

保険をスムーズに受け取るために何かしておくことは?

平野敦之
ポイントは被害の写真を撮っておくことです。今回のような大規模な災害になると、保険の調査が入るまでに、かなり時間がかかってきます。そうなると先に家の中をかたずけたり、修理をすることになる。損害をきちんと証明するためにも写真などに記録することをすすめたい。もちろん安全第一です

(「プライムニュース イブニング」7月11日放送分より)

西日本豪雨の他の記事