スタバがプラスチック製ストローを廃止。“新素材”開発へ日本の貢献に期待

  • スタバが2020年までにプラスチック製ストローの廃止を発表
  • 理由は海洋汚染 ストローは同じプラスチック製のフタと比べて再生しにくい
  • 植物から作る“バイオプラスチック”など、新素材の開発に日本の貢献を期待

プラスチックごみによる海洋汚染

アメリカのスターバックスは、日本を含む世界の2万8000以上の店舗で、2020年までにプラスチック製ストローの提供を中止すると発表した。

複数のプラスチック片が体内から取り出されたウミガメ

理由はプラスチックごみによる海洋汚染。  
   
このウミガメの体内から取り出されたのは複数のプラスチック片。 
分解されないプラスチックの一部は海で漂い、生態系や海洋生物への影響が懸念されている。

体内から取り出されたプラスチック片

スターバックスは今後、プラスチックストローを紙ストローに切り替えるほか、ふたが盛り上がりストローなしで吸い口から直接飲める容器を導入するとしている。

利用者は、「深刻さを知らなかった。これからはストローの使用を減らす」「プラスチック製ストローがいいけど環境にいいならカップにする」と好意的なコメント。

フタなどの容器もプラスチックだが、なぜ今回ストローに限って全面廃止に踏み切ったのか。      
 
スターバックスによると、プラスチックストローは同じプラスチック製のフタと比べて再生しにくいという。   
 
そこでスターバックスは、まず年間10億本以上提供しているプラスチック製ストローの削減を目指し、その上で今後、容器などのプラスチック製品もやめる方向で検討しているという。

「海洋プラスチック憲章」に日米を除く各国首脳が署名

G7

世界で広がる脱プラスチックの波。 
先月行われたG7ではプラスチックの再利用化や回収を目指す「海洋プラスチック憲章」に日米を除く各国首脳が署名。  
     
タピオカミルクティーが名物の台湾では先月、 当局によりプラスチック製ストロー使用禁止の規制案が打ち出され、代わりの飲み方について論議が巻き起こっている。

スターバックスの決断は広がりを見せるのか、 注目が集まっている。

日本は、新素材の開発にアドバンテージ

経営コンサルタントの松江 英夫氏は、「ストローはあくまでも象徴だと思う。この流れはアメリカや欧州で広がっているが、いずれ日本にもやってくる。その時、消費者の意識も大事だが、それと共に生産者側の意識も大事だと思う」と指摘。

「日本はもともと素材が強い業種で、新素材の開発にはアドバンテージがある。最近はバイオプラスチックのように植物から作るプラスチックもベンチャーで開発されていて、これを活かして作り手として貢献していくことも期待できる」と話す。

(「プライムニュース α」7月10日放送分)

プライムニュース αの他の記事