ランチを届けてくれる!オフィスに“お弁当自販機”登場

プライムニュースα
カテゴリ:国内

  • 「サントリー」と「ぐるなび」が弁当も注文できる自動販売機を発表 
  • 午前10時までに注文すると昼ごろに飲食店の人が会社まで配達
  • 弁当を買うと自販機の飲み物が10円割り引きになるという“おまけ”付き

自動販売機で弁当の注文

飲み物だけではなく、弁当も注文することができる自動販売機。
大手飲料メーカー「サントリー」と「ぐるなび」が5日に発表した新サービスだ。

午前10時までにボタンを押して弁当を注文すると、お昼ごろには飲食店の人がやって来て弁当を届けてくれる。

東京・中央区 サンワテクノス

お弁当自販機を2週間ほど前から導入している東京・中央区 サンワテクノスでは、朝出社すると、次々にお弁当ボタンを押す社員の姿が。

しかも、お弁当を買うと、自販機の飲み物が10円割り引きになるという、おまけ付き。
社員は、「お得な気分になります」と笑顔で話す。

自動販売機で10円安く買えるコイン

自販機から無線で注文情報が店へ

午前10時に注文が確定すると、自販機から無線で注文情報が店へ送られる。

東京・中央区の「金の独楽」は、自販機が設置された会社近くにある、普段はランチ営業をしていない居酒屋。
「金の独楽」志村崇史総括店長は、「営業時間外に売り上げを上げられるチャンスだなと思いました」と話す。

お昼前には、注文を受けた会社まで徒歩でお弁当を配達。
自販機で700円という日替わりの塩こうじから揚げ弁当は、男性も満足のボリュームで、体に優しいひじきなどの副菜も充実している。

700円の日替わり弁当

利用者は、「昼休みが45分しかない中で買いに行くと、時間が取られてしまうので、お弁当は外の味も食べられて良いかなと思います」と語っていた。

サントリービバレッジソリューション・土田雅人社長は、「ドラッグストアやスーパーと比べると、飲料の値段が高いというイメージがどうしてもついてます。このメニューを見て、『何やってるんだろう』と立ち止まってくれて、商品を見てくれることが、われわれの第一歩」と話す。

お弁当が買える付加価値を備えた自動販売機。
サントリーは、2020年までに、こうした自販機を1,000台設置したいとしている。

(「プライムニュース α」7月5日放送分)

プライムニュース αの他の記事