酔ったのかしら?いえ、世界初!空中にふわふわと浮かぶグラス

  • 世界初の“宙に浮くグラス”を、クラウドファンディングで先行予約販売開始
  • 電磁サスペンションという技術でグラスを宙に浮かせ、回転させることもできる
  • 飲むように使うも良し、アクセサリーやギフトを浮かべてプレゼントの演出にも良し!

日々の疲れを癒やしてくれる“贅沢なひととき”。
それは仕事帰りや休日に飲むお酒、なんて人もいるだろう。
リラックスモードでついついお酒が進みほろ酔い気分、グラスに手を伸ばすと…あれ?

「グラスが宙に浮いてる!!!」




なんて酔っているわけではない。本当にグラスが空中にふわふわ浮かんでいる。

実はこちらは、世界初の“宙に浮く魔法のグラス”「Levitaing CUP(直訳=空中に浮揚するカップ)」。
取り扱っているのはCross Media Japan株式会社で、国内クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にて先行予約販売を開始した。

この商品の紹介動画もあるのでご覧いただくと、さらにそのすごさがわかる。

一人で眺めるもよし、「どうなっているの?」とみんなで盛り上がるもよし、様々な場面で使えそうな“魔法のグラス”。

専用の“ベース”の上にグラスを置くと、電磁サスペンションという高度な技術により、グラスが安定した状態で、魔法のように宙に浮かぶとのこと。
専用のグラスは、衝撃を与えると割れやすい通常のガラスではなく、非常に耐久性のある素材を使用したフォックスグラスだそうだ。

注意点として、グラスいっぱいに飲み物を注いでしまうと、強く揺らしてしまった場合に、磁場が乱れてしまい溢れる可能性もあるため、注ぐ目安はグラスの半分くらいを推奨している。

“ベース”は要充電で、1回のフル充電で約8時間持続。充電ケーブルを繋いでおけば常に浮かんだ状態で維持することもできる。


そもそも、なぜグラスを宙に浮かべようと思ったのだろうか。Cross Media Japan株式会社の担当者、藤安さんに話を聞いてみた。


「ベースを隠せば、本当に浮いていると錯覚」

ーーLevitatng CUPの開発に至った背景は?

「こだわりは強く持っている・・・。でも、いつものお洒落や贅沢は、もう物足りない」
そんな、あなたへ最上級の贅沢を味わって頂くために『日常の世界で、非日常の世界を体感して頂く』ことを目的とし、作られました。 



ーーどんな飲料でも注げる?ホットでも?スープでも?

はい、大丈夫です。特にデザートコップとして使用頂いても最適です。

ーー浮かべられる重さの限界は?

基本的に飲んでいる・食べているものであれば問題ないかと思います。

ーー周りの反響や、感想などは?

実際に飲み物を注いでみたり、ギフトとして小物を入れてみたりしてみましたが、とても幻想的な空間を創り出せます。
また大勢の前で披露させていただきましたが、グラスを乗せた瞬間「すごい!」という声が響き、写真を取られる方がほとんどでした。

個人的に非日常的な空間を堪能したり、大切な人と一緒にサプライズとしてアクセサリーやギフトを入れてプレゼントしたり、また高級ホテル、ジュエリー店、ブライダル、BARなどでもとても反響がある商品だと感じております。

ーーグラスとベースの間に物があったり、手を挟んでみても浮かぶ?

問題ありません。ベースを隠すように布を引いた場合でも浮かびます。また、ベースを隠すと、あたかもグラスだけが本当に浮いているという錯覚にも陥ります。


ーー動画だとグラスが浮かんだまま回転しているが、回転速度は調整できる?無回転にすることは?

調整可能です。回転を止めることも可能ですが、回すことでより幻想的に見えるかと思います。

ーー洗浄の際は、普通のグラスと同じように洗って大丈夫?自動食器洗浄機は使える?

自動食器洗浄機を使うことは可能ですが、手で洗うのをおすすめします。

クラウドファンディングで達成率300%!

ーー現時点で、予約申し込みはどれくらい?

ご支援者・皆様の応援で大きな反響を頂き目標金額を開始3時間で到達し、達成率300%を超えております。 
(6月28日現在)

ーー今後、グラス以外にも宙に浮かべる予定は?

ございます。グラス4種類(カクテルグラス、コーヒーグラス、ビールグラス、デザートグラス)の取り扱い、またプレート(お皿)やピロー(時計やアクセサリーの乗せる枕)、プラント(観葉植物)、装飾物なども日本での展開を考えております。

配送時期は10月末~11月中旬ごろを予定しており、気になる価格は、限定30名の超早割30%オフコースだと、22,500円(税・送料込)。
他にも、2個セットや4個セットのコースも用意されているので、自分用にもプレゼント用にも使える。

グラス以外の展開も考えているということで、使う人のアイデア次第でいろいろな楽しみ方ができそうな新しい商品。是非おさえておきたいアイテムだ。

https://greenfunding.jp/lab/projects/2262