トップ3が関東に集中…30年以内に震度6弱以上の地震発生確率 

  • 政府が地震発生確率を色分けして発表
  • 千葉市が最も確率が高い
  • 北海道でも確率上昇、南海トラフ地震想定地域も高確率

政府が地震発生確率を色分けして発表

きょう、政府の地震調査委員会が全国各地の地震の発生確率をまとめた予測地図『全国地震動予測地図』を発表した。

今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率”を色分けしていて、最も濃い赤色は発生確率が26%以上の地域になる。

県庁所在地で見ると、発生確率が全国で最も高かったのは千葉市で85%

2位は東日本大震災で、歩道に亀裂が走るほどの大きな揺れがあった、横浜市の82%

3位が茨城県水戸市の81%だった。
 
なぜ上位3都市が水戸市・横浜市・千葉市と関東地方に集中しているのだろうか?

なぜ千葉の確率が最も高いのか

地盤ネット総合研究所の横山芳春博士は「関東の沖合には3つのプレートが交わる場所があり世界的にもまれ」「東日本大震災のときみたいな海溝型の大きな地震が起きやすいエリア」と指摘する。
 
関東地方の沖合では『北米プレート』『太平洋プレート』『フィリピン海プレート』の3つのプレートが重なっているため、もとも大きな地震が発生する確率が高いという。

中でも千葉市の発生確率の予測が最も高くなった理由については「千葉県の沿岸部は低地あるいは埋立地が非常に多い。揺れが発生する場所に近く、かつ揺れが大きくなりやすい地盤が多いというのが千葉県の特徴」と解説。

また、横山氏は千葉市の埋め立て地で、震度6弱以上の地震が発生した場合、東日本大震災であったような液状化現象が起きる可能性を懸念している。

北海道でも確率が上昇

一方、前年の予測と比べて上昇が目立ったのが北海道東部。

北海道根室市では78%と15ポイント上昇、釧路市で69%と22ポイント上昇。
これは、新たに千島海溝沿いの巨大地震の研究結果を反映したことが理由だ。

南海トラフ地震想定地域でも高確率

今回の予測で、確率の上位の主要都市10都市は表の通り。南海トラフ地震が想定される太平洋沿岸では高知市が75%、静岡市が70%と高くなっています。

しかし、先週震度6弱の揺れを観測した大阪の地震は織り込まれないままで、大阪市の確率は56%と全国で14番目だった。

(「プライムニュース イブニング」6月26日放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事