「玉木さんと同じように愛情を…」木南晴夏が私生活を心配されるほど"愛するもの"

  • 2人の事務所は時期は明らかにしなかったが結婚する事実を認めた 
  • フジテレビのドラマで共演。その時はすでに恋人同士だった
  • 木南さんは驚くほど愛してるものがあり、月刊誌に連載もしている

"独身大物俳優"の玉木宏さんと個性派女優の木南晴夏さんが、近く結婚することが明らかとなった。

サンケイスポーツ文化報道部の山下伸基部長は「特に木南さんの方がジューンブライド、6月に結婚したいという思いがやっぱりあったと聞いてます。それを玉木さんが叶えさせてあげた」と話した。

「玉木さんも良いお嫁さんをもらったな」

2001年に高校生で芸能界入りした木南さんは、映画『20世紀少年』で平愛梨さん演じたヒロイン・カンナの友達役を熱演。

この演技がきっかけで、映画『百年の時計』の初主演も決定している。

そんな木南さんを主演に抜擢した金子修介監督は「演技の幅が広いと思います。台本の狙いを良く理解して、先に演技プランを立てるというか、監督としては本当にやりやすい女優さん。
いろいろなことに先行して気が付くというところはあるのではないかと思います。玉木さんも良いお嫁さんをもらったなと思いますね」と語った。

木南さんは、山田孝之さんやムロツヨシさんと共演したドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズでは、コミカルな演技も披露。

ドラマ『海月姫』ではオタク役に挑戦するなど、コミカル系からシリアス系までマルチな才能を見せている、カメレオン女優。

2017年4月に放送されたフジテレビのドラマ『女の勲章』では、夫となる玉木さんとも共演し、玉木さんが木南さんのあごに触れてキス寸前…というシーンもあった。

サンケイスポーツの山下部長は「放送は2017年4月ですが、その半年くらい前からお付き合いを始めたようです。実際に恋人同士で今度は共演することになって、そこでさらにグッと距離が縮まって、お互いに結婚を意識するようになった」といい、すでに恋人同士だったという2人。

2018年1月、木南さんは理想の相手について「怒らなくてアクティブな人。いずれは結婚したい。10代のころから36歳で結婚すると言っていたのであと4年は猶予あります」と結婚を意識しているかのような発言をしている。(サンケイスポーツより)

一方、玉木さんも理想の夫婦像について「僕もいつか結婚したら、奥さんが仕事に出るなら応援する」と語っている。(2015年・サンケイスポーツより)

『パン』を驚くほど愛する木南さん

木南さんは妊娠しておらず、結婚後も芸能活動を続けていくというが、そんな木南さんの私生活を心配する声が出ている。

実は木南さんは『パン』を驚くほど愛しているといい、自身のインスタグラムもパンづくしで、アカウント名も「kinamitopan(きなみとぱん)」にするほど情熱を注いでいる。

パン好きが高じて月刊誌「おとなの週末」(講談社)でパンの連載を執筆し、パン三昧の日々を報告している。

中には1日三食がパンの日もあるだけに、「おとなの週末」編集部で木南さんの連載を担当をしている戎誠輝さんは「本当に、すごくパンを食べているんですよ、体が心配になるぐらい。結婚しても玉木さんと同じようにパンにも変わらない愛情を注いでもらって、2人でおいしいパンを食べてもらえたらうれしい」と喜びを明かした。

今回の報道について2人の所属事務所は、時期を明らかにしなかったものの、結婚する事実を認めている。

(「めざましテレビ」6月22日放送分より)

めざましテレビの他の記事