手軽に酔えて人気!コスパ良い「高アル飲料」が続々登場

カテゴリ:地域

  • アサヒビールが「高アルコール飲料」の新商品を発表
  • 副原料を使ってアルコール臭さなどを抑える
  • ビール類の値上がりで、手軽にすぐ酔える7%以上の高アル飲料が人気

アサヒビールは、来月3日に発売する「第三のビール」の新商品を発表した。新商品の大きな特徴は、アルコール度数が7%以上のいわゆる「高アルコール飲料」。

4月に、ビール原料の定義が緩和され、 これまで使えなかった副原料を使ってアルコール臭さなどを抑える事が出来るようになったことも、各社による相次ぐ高アルコール飲料の新商品発表につながっている。

安売り規制でビール類は値上がり

昨年6月の安売り規制で、ビール類が値上がりしたことにより、手軽にすぐ酔え、コスパも良いという理由で人気を集める高アルコール飲料。

ベニースーパー佐野店・食品担当の立嶋凌氏は、「売り上げは陳列してから、徐々に伸びている傾向にある。1日で何本も買って下さるお客様もいる」と話す。

果たして、停滞するビール市場を活性化させる切り札となるのか。

(「プライムニュース α」6月15日放送分)

プライムニュース αの他の記事