「障害を理解して…」統合失調・発達障害の主婦 絵本で発信

カテゴリ:地域

  • 「統合失調症」と「発達障害」の同時発症に悩んでいた主婦が絵本を出版
  • 『死ね』『殺せ』という言葉で命令がくる辛さを伝えたい
  • “発達障害”は脳の障害。親や本人のせいではない…ということを理解してほしい

障害への理解を訴えたい

「統合失調症」と「発達障害」の同時発症。
この症状に悩んでいた福井県敦賀市の主婦が、「障害への理解を訴えたい」という思いで絵を描く特技を生かして絵本を出版した。

優しい色使い、愛らしい表情を浮かべる猫――個展に向けて制作に取り組んでいるのは、敦賀市の主婦、皆川由香さん(44)。
お気に入りは猫の絵。自宅で飼っているオスのワッフル君と、メスの黒ちゃんをモチーフに想像を膨らませていく。
「紫の猫はクロネコをイメージしたけど、黒を使うときつい感じがするので、紫に置き換えた」

皆川さんには、二つの障害がある。
10年前34歳のころ統合失調症を発症。それから何年かして発達障害診断を受けて、聞こえるはずのないものが頭に聞こえてきた。
.「『死ね』とか『殺せ』とかそういう言葉で命令が聞こえてくる。それに従わなければならないような気がして、それを抑えるのがつらかった」
と今は笑顔で振り返る。

発達障害と統合失調症に苦しんだ皆川由香さん

当時、病気について調べようと関連する本を探したが、統合失調症と発達障害の同時発症について書かれたものは見つからなかった。
ないのであれば自分でつくろう――皆川さんは得意の絵を生かし、4年まえに1冊の絵本を自費出版した。
タイトルは「わたしだって困ってるんだもん」。
この絵本に自らのつらい体験をつづった。

「うまくいくとまぐれに思い、失敗すると心底最低のダメ人間に思ってしまいます」

「人のいるところに行くと、自分のうわさ話をされているように感じます」

「本人の努力次第で治るんじゃないかと思っているでしょ?上手にできないことで私たちは苦しんでいます」

絵本を出版したことで、同じ病気で苦しむ人から大きな反響があった。
また、病気がない人たちの理解も進み、皆川さん自身にも変化が訪れます。
「本を出して周りに自分のことを知ってもらえたのが良かった」

情報発信の大切さを痛感した皆川さんは去年、自らの体験を伝える講演を行った。
そこで今回2冊目の絵本を発表する。同じく発達障害のある長女をモデルにした。

子どもにも読んでもらいたいと舞台は動物の世界。
主人公は大好きな猫、名前は「ふわりちゃん」です。

「お友達がいやがることが分からない時があるよ。怒っても、なんで怒っているのかわからないの」
「ふわりちゃんみたいな子が周りにいたらいじわるしないであげてね」

「きっとその子もみんなのこと大好きだよ」

絵本を通して障害への理解を訴える皆川さん。

積極的に情報を発信していきたいと、次の作品にも意欲を見せている。
皆川さんは「クラウドファンディングに挑戦したい。それで新しい絵本を出せれば。1人でも私と同じような人が助かればいいと思っている」と語る

絵本の最後はこう締めくくられている。

  発達障害は脳の障害です。親や本人のせいではありません。

  発達障害かなと思う子どもがいたら手助けしてあげてください。

  障害を持つ子だって一人の人間なのですから

動画はこちらから
https://www.fnn.jp/posts/408FTB

 

FNNピックアップの他の記事