読売巨人軍の2選手が“裸”動画で謹慎 SNSに限定公開でも罪になる?

カテゴリ:話題

  • 巨人の2選手が裸同然で飲み会する姿が週刊誌で明るみに
  • 2選手は期待の若手だが、謹慎に
  • 知人限定のSNSで24時間で消えたとしても、罪に当たることがある

巨人2選手が男女で裸同然で飲み会

腕と肩までの柄物のシャツをはおり、おなかを出したふんどし姿の男性。

その“ほぼ全裸”の男性は、プロ野球・巨人軍の若手ピッチャー、篠原慎平選手。
そして、その動画を撮影しているのは、若手キャッチャーの河野元貴選手。

河野選手は、この動画を24時間で消える「ストーリーズ」の設定、さらに知人限定で、自らのインスタグラムに投稿。


しかし今日発売のFRIDAY(6月29日号)が、問題の動画を画像で公開、男女で裸同然の状態で、飲み会をしていたことが明るみに出ることとなった。

この動画が撮影されたのは6月10日の日曜日から、11日の月曜日未明にかけて。
日曜日は東京ドームでデーゲームがあり、試合は巨人がサヨナラ勝ちを収めていた。
動画に映る篠原選手は、5月に一軍登録が抹消されていたが、撮影者の河野選手はベンチ入り。

その試合の後、2人を含めた男女10人ほどが、都内飲食店の個室で飲み会を行ったという。

6月13日は篠原選手、6月14日は河野選手の誕生日。
日付も近かったことから、この日は2人の誕生パーティーを兼ねていたのだろうか。

注目の選手だった2人

篠原選手は、苦労人として知られ、高校卒業後は四国の独立リーグで7年間腕をみがき、150キロ台の速球を武器に育成ドラフトで巨人入り。
去年、1軍初登板で初勝利を挙げ注目の若手として期待されていた。

そして、不適切動画を撮影・投稿したキャッチャーの河野選手も、ファン期待の選手。
「昔からすごく期待されていて、巨人でいう阿部慎之助の後継者、次の世代のキャッチャーと言われていた選手ですのでちょっと残念」と話すファンもいるように、巨人の大黒柱・阿部慎之助選手と毎年一緒にグアムで自主トレに励み、今年はオープン戦でサヨナラヒットを打つなど活躍。
一軍登録され、たびたび試合に出場していた。

限定公開でもわいせつ物頒布等の罪にあたる?

前述したように、インスタグラムに投稿された問題の動画は、24時間で消える設定「ストーリーズ」にアップされ、公開範囲も知人限定。
フォロワー数は150人ほどだったという。

しかし、こうした機能を過信して、今回のような問題動画をアップすると、罪に問われる可能性もあると、ネットトラブルに詳しい紺野礼央弁護士は指摘する。

「インスタグラムのストーリーズという機能は24時間後に消えますが、その前に見た人が保存して世の中に拡散するといった恐れがあります。仮に知人限定で見た方が数人であったとしてもわいせつ物頒布等の罪にあたる可能性があります」

たとえ知人限定の公開だとしても、罪に問われ、今回のケースだと20万~50万円の罰金が科せられる可能性があるという。


巨人は2選手を謹慎にし、これまでもSNSについて専門家による講習を行い注意を促していて、今後はさらに強化するという。
また、問題の2選手は軽率なことをしてしまったと深く反省しているということだ。


巨人軍は紳士たれという伝統は一体どこに行ってしまったのだろうか。


(「めざましテレビ」6月15日放送分)

めざましテレビの他の記事