最近やる気が起きない…その症状「5月病」ならぬ『6月病』かもしれない

プライムニュースα
カテゴリ:国内

  • 職場の環境変化にともなうストレスなどが原因で体調不良
  • 新入社員だけでなく、人事異動などで新しい上司や周りの評価を気にする人に広く発症
  • 企業にとっても業務効率が落ちるため経営上の損失

「5月病」ならぬ『6月病』

新年度が始まり、早くも2カ月。
ここ最近、体がだるい、やる気が起きないなどと感じることはないだろうか。

その症状、職場の新しい環境になじめない、「5月病」ならぬ「6月病」と呼ばれるものかもしれない。

これまで、4月から環境が大きく変わった社会人などが、ゴールデンウイーク前後に無気力状態に陥る、いわゆる「5月病」は知られていたが、6月病とは、どんな症状なのか。

東京メンタルヘルスの武藤清栄所長は、「適応障害を中心に、うつ傾向や不安傾向があったりする症状です。新入社員は5月は研修があります。研修をやってから配属されるということで、6月に発症する」と話す。

『6月病』も症状は同じ…環境変化でのストレスなどが原因

5月病も6月病も正式な病名ではなく、専門家によると、環境変化にともなうストレスなどが原因で、体調不良に陥るもの。

症状は、いわゆる5月病といわれてきたものと同じで、この2つは、新入社員だけではなく、新たな環境で仕事をする人に広く発症のリスクがあるという。

武藤所長は、「6月は職場的に決算の時期とか行事などがあり、異動してきた方々は、上司とか周りにどう評価されるか、非常に気にする時期。ですから、そういうことが気になってしまうと眠れなくなってきてしまう。睡眠がとれないことによって、いろんな症状が悪化しやすい」と指摘する。

経営コンサルタントの森田章氏

『プレゼンティーイズム コスト』とは

経営コンサルタントの森田章氏は、「6月病は本人はもちろん会社にとっても大きな問題で、見えないコストかかっている。これを『プレゼンティーイズム コスト』と呼んでいる」と話す。

『プレゼンティーイズム』とは、何らかの健康問題があって出勤していても業務の能率が落ちている状態。
本来やらなくてはいけない業務ができないため経営上の損失が出る。
これをコストとして計算したものが、『プレゼンティーイズム コスト』だという。

『プレゼンティーイズム コストは、企業が負担する医療費の実に5倍に上るとの調査もある。
健康診断の数字が良い悪いという物理的なものではなくて、心理的なもの、すなわちストレスが大きく影響すると言われている。

企業側の対策として森田氏は、「企業と健康保険組合が持っているデータを組み合わせて従業員の健康状態あるいはリスクを見える化して、適切な介入をしていこうという動きがある。
もう一つは、健康経営の先進企業がやっていることだが、健康に良いとされている生活習慣、例えば朝ごはんを食べるとかウォーキングをするとインセンティブが貰えるなどの取り組みを行っている」と話す。

(「プライムニュース α」6月13日放送分)

プライムニュース αの他の記事