トランポリンでジャンプすると星が誕生?触って体感できるデジタルアートミュージアム

  • あえて迷子になりそうな空間づくり
  • 触ると変化!遊び心満載の仕掛けの数々
  • 猪子さんおすすめは「デジタルアートで描かれた生き物たちが住む空間」

世界に類を見ないデジタルアートミュージアム「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソンチームラボ ボーダレス」が、6月21日に東京・お台場にオープンする。

手掛けたのは最先端技術を使ったアートで、国内外から高い評価を受けているデジタルアート集団「チームラボ」。

敷地面積1万平方メートルの中に50の作品があるこの施設を総指揮者であり、デジタルアート界の巨匠ともいわれる「チームラボ」代表の猪子寿之さんに案内してもらった。

さまよいながら発見する楽しさを味わう

このミュージアムには遊び心のある仕掛けが満載!
まず入口から入り、真っ暗な通路を進んでいくとその先には、数えきれない花々でできた森のような空間が広がっていた。

壁と床一面に花の世界が広がり、四季折々の花が咲いているこの場所を猪子さんは「さまよいながら、いつの間にかいろいろなものを発見していく。そういうことを楽しんでもらえれば」とあえて迷子になりそうな空間を作っているという。

そして、よくよく壁を見ると花の周りには蝶が飛び回っているが、この蝶には触れるとスーッと下へ落ちてしまうという仕掛けがある。

猪子さんはこの仕掛けについて「みんなが触りすぎると蝶が死んでしまいます。触らなければ、延々と奥地までいろいろな作品をまたいで飛んでいきます」と話した。

人とアートに関係を持たせることが特徴であるチームラボの作品。

無数にランプが吊られている部屋には、人が近づくとランプの色が変化する仕掛けが。

すると、隣のランプの色も変わっていき、とても幻想的な世界に包まれていく。


大人も子どもも夢中になるトランポリンに隠された仕掛け

また、ミュージアムの中にはトランポリンがある部屋も。

トランポリンの上に宇宙空間が広がるこの場所は、招待客が来た日には、行列ができるほどの人気だった。

その理由はジャンプする足元にあるという特別な仕掛け。

ジャンプをすることでできた足元のくぼみに「宇宙のちりが集まり、ちりが集まると星ができます。星ができると周りのちりたちを集めて、どんどん星が大きくなっていく」と体を動かしながら"宇宙"にも触れることができることが、子どもから大人まで夢中にさせていた。

他にも大小さまざまな球体が置かれ、触れると色が変わるものや、「ボルダリング」の持ち手の部分に触ると色が変わる作品など、アートを体感することができる。

猪子さんは「何か身体で世界をとらえることに繋がっていたり、それを通して体で世界を考えるみたいなことにつながっていったら」と話した。

猪子さんおすすめの空間は?

そして、50の作品の中で猪子さんが得に好きだというおすすめの場所も教えてもらった。

デジタルアートで描かれた、鳥やカエルなどの生き物たちが暮らす空間だという。

見たことのない生物博物館のようなこの場所は「トカゲがカエルを食べたり。食べられるといなくなってしまう、すごく簡単な生態系になっている」と猪子さんはいう。

さらに、生き物を踏むと、つぶれた生き物から絵の具で吹き出し、何回も踏むとその生き物は姿を消してしまう。

しかし、お客さん自身が描いた絵をスキャンすれば、新たな生き物として誕生させることができるそうだ。

いち早く楽しんだお客さんは「普段はなかなか体験させてあげられないので、とてもいい機会」や「身体を使ったり、目を使ったり、自分で考えながらやるのは非常にいい」と興奮気味に話した。

こういった世界に類を見ないミュージアムを作った理由を、猪子代表は「2020年に向けて東京にいろいろな人が来る機会が増えると思うんです。その中で、このミュージアムが多様な楽しみ方の一つになったらいいなと思っているんです。言葉だったり、文化的な背景の壁もないので、いろいろな国の人が一緒になって楽しんでもらえればうれしい」と語った。

(「めざましテレビ」『スゴ撮』6月8日放送分より)

めざましテレビの他の記事