【パラアスリートの言魂】スノーボードクロス成田緑夢 

カテゴリ:芸能スポーツ

  • 成田3兄弟の末っ子緑夢選手は練習中に麻痺が残る大怪我
  • オリンピック出場の夢を失いながら、新たな夢を求めなんでもした
  • 今は誰かの夢になるために、やれることはなんでもやる

オリンピックを目指す中で突然の大怪我

平昌パラリンピックでスノーボードクロス日本代表として出場する成田緑夢(ぐりむ)選手。

『成田』の名前に聞き覚えがある人もいると思うが、兄は成田童夢、姉は今井メロ、父親の熱血指導で知られる「成田3兄弟」の末っ子だ。

スポーツ一家に生まれ、幼いころからオリンピックを目指していた。

しかし、2013年トランポリンの練習中に着地に失敗し大ケガ。左足のヒザから下に麻痺が残った。

緑夢選手は当時のことをこう話す。
「幼い頃からオリンピックが夢だった。だけど4年前大怪我をして左膝から下が動かなくなった。
突然夢を失った。自分の価値がなくなった気がして苦しかった」

それでも僕はやっぱりスポーツが好きだ

「それでも僕はやっぱりスポーツが好きだ」

突然、夢を失った緑夢選手だったが、ケガから1年後にはスノーボード、トランポリン、ウェイクボード、走り高跳びなどに再挑戦。新たな夢を求めて出来ることは何でもやった。

挑戦をし続けた。

そんな時、緑夢選手の頑張る姿を見た人たちから「感動した」「あきらめていたことにチャレンジする勇気が湧いた」などの応援のメッセージが届いた。

「僕のスポーツをする姿を見て、感動してくれる人がいた。誰かの力になれると知って嬉しかった。春も夏も秋も冬もやれることは全部やる」と話す緑夢選手。

僕は誰かの夢になる

緑夢選手は「自分が活躍することが誰かの力になる」と知り、再びスポーツに対する意欲を取り戻した。今はスノーボードクロスで平昌パラリンピックで活躍することを目指し、夏場はウェイクボードでバランス感覚を磨いている。

ウェイクボードは2016ウェイクボード全日本選手権の一般部門で優勝するほどの腕前だ。


「次は平昌オリンピックで活躍を目指し全力で挑む。僕には応援してくれる人がいる。」

「だから今僕には新しい夢がある。僕は誰かの夢になりたい。」

一度は夢を失った成田緑夢の夢はまだまだ終わらない。

成田緑夢(ナリタグリム)

1994年2月1日生まれ 23歳 大阪出身 近畿医療学園所属
スポーツ一家・成田3兄弟の末っ子。幼少からスノーボード、ウェイクボード、トランポリンなどに取り組み、オリンピック出場を目指していた。
しかし、2013年に大ケガ、左足のヒザから下が麻痺。現在はスノーボードクロスで平昌パラリンピック出場を目指している。
2017年全国障がい者スノーボード選手権大会&サポーターズカップ スノーボードクロス優勝、2017年ワールドパラスノーボード・ワールドカップ(アメリカ) スノーボードクロス1戦目優勝、スノーボードクロス2戦目優勝。


(PARA☆DO!:毎週水曜夜10時54分放送
 https://www.fujitv.co.jp/sports/parado/

PARA☆DO!の他の記事