“ドン・ファン”の死に元科捜研迫る…愛犬イブは謎解明のカギ

  • 家政婦が聞いた「ドンドン」の音の正体は…
  • 覚醒剤をいつ摂取?死亡推定時刻から逆算
  • 愛犬イブの死骸捜索…覚醒剤検出は?

“足に皮下出血・背中に死斑”が意味するもの

“紀州のドン・ファン”と呼ばれた資産家の野﨑幸助さんの不審な死をめぐり、警察は6月7日、容疑者不詳のまま殺人の疑いで自宅に埋められた愛犬の捜索を行った。

薬物犯罪に詳しい元科学捜査研究所の雨宮正欣法科学研究センター所長に話を聞いた。

倉田大誠キャスター:
警察によりますと、野﨑さんが亡くなっていたとき、足に皮下出血があって背中に死斑があったという発表がありましたが、雨宮さん、これはどういう状況でしょうか?

雨宮正欣:
皮下出血というのは生前にあった出血が残っているものですから、位置も移動することはないですし、ある程度、例えば生前に打撲があったとかのそういうことの証明になります。
一方、死斑のほうは死後、血液が滞留しまして、それが重力に負けて沈降してできるものなんです。
ですから、時間が経っていけば場所は変わらないんですけど、時間が早いうちというのは移動する可能性があります。
それでお亡くなりになったときの体位というか位置関係というものが、ある程度参考になるということになります。

倉田大誠:
午後10時50分ごろ家政婦の方が、野﨑さんが寝室で倒れているところに心臓マッサージを行っていた。これによって死斑ができることも考えられますか?

雨宮正欣:
逆に死斑というのは血液が滞留しないと起きませんから、心臓マッサージをするのは死斑を発生することを逆に妨げる方向になります。

家政婦が聞いた「ドンドン」は何の音?

倉田大誠:
疑問に思う点、不可解だなと思う点は何かありますか?

雨宮正欣:
倒れている野﨑さんが発見されたのが午後10時半ということですよね。
死亡時刻の問題ですが、例えば午後9時だとすると時間的に死斑ができてカチカチになるというのが本当にその短い時間で起きるのか
そして覚醒剤は錯乱状態となり普通亡くなりますので、本当に物音が聞こえなかったのか。この点が非常に疑問点ですね。

倉田大誠:
ただ、一方でこれまで家政婦の方の証言によりますと、午後10時半ごろ野﨑さんがいる自宅からドンドンという物音がしたので、妻がまずは上がっていった。妻の悲鳴に合わせて今度は家政婦がなんだ?と思って上がっていった。すると死後硬直が始まって野崎さんが亡くなっていたと…。

雨宮正欣:
ドンドンというのが元々生きていらっしゃるなら予定が変わってきますから、このドンドンは何なんだというのはまた1つの疑問になります。

覚醒剤が体内に入ったのはいつ?

倉田大誠:
午後9時ごろと警察では死亡推定時刻をしっかり発表されています。
では何時ごろ野﨑さんは覚醒剤を摂取した、あるいはさせられたと思いますか?

雨宮正欣:
これは野﨑さん自身がご高齢であるということで、若干体力も落ちてらっしゃるということで、服用してからの時間は短くなることは十分考えられますけど、それでも1時間から1時間半が最低経過した後にお亡くなりになったと考えるのが妥当です。
そうすると9時ですから7時半、8時。この辺りになんらかの覚醒剤が体内に入ったと考えるのが妥当だと思います。

“足も震えて歩けない状態”は覚醒剤と無関係か

倉田大誠:
改めてどのように覚醒剤を摂取したのか、させられたのかということですが、亡くなる4日前、50年来の野﨑さんの知人の証言です。

足も(震えて)歩けない状態だった。
顔が脂汗でヌルヌルだった。
最近目が見えにくくなってきた。

倉田大誠:
この証言が覚醒剤の症状、予兆を感じる部分はありますか?

雨宮正欣:
むしろ覚醒剤の予兆という点では全くないと私は考えます。
覚醒剤はどちらかというと興奮剤ですから、こういう作用とは関係ないと。
脂汗でヌルヌルというところは若干関係ありますけど、むしろそれだけ野﨑さんの体力が弱まっていた証拠だと考えます。
つまり、それは何かというと覚醒剤に対する耐性も下がっていた。影響が出やすくなっていた。

愛犬イブの死骸捜索…覚醒剤検出されるかどうかがキー

倉田大誠:
愛犬イブの死から1カ月が経って、死骸の捜索が行われました。この狙いはどこにある?

雨宮正欣:
もちろん死骸から覚醒剤が検出されるかどうか。もし検出されたらどうなのかということになりますよね。
犬は自ら覚醒剤を摂取することは当然、あり得ないわけですね。
ですから犬から覚醒剤が検出されたら、それは第三者、誰かから覚醒剤を盛られたということになります。
一方、人間の方も覚醒剤でお亡くなりになられたと。
そうするとその関係がある2つが両方とも覚醒剤が出たということは、なんらかの関連性があるということになる。これは状況証拠としては十分ではないかということでそれを狙いとして、警察のほうは分析をやられていると思います。

反町理キャスター:
犬を殺すのに覚醒剤を使う理由はなんですか?

雨宮正欣:
犬を殺すのが目的ということは考えづらいかと。
あくまでも憶測になりますが、例えば、それを人間にも用いたらどうなるかというためのテストという考え方も1つの考え方だと思います。

(プライムニュース イブニング6月7日放送より)

「紀州のドン・ファン 不審死」関連記事をすべて見る!



紀州のドン・ファン 不審死の他の記事