今年の梅雨は“陽性”で豪雨警戒…猛暑長く続く恐れも

  • 関東甲信など梅雨入り…今年の特徴は“陽性”
  • 早くから集中豪雨の恐れ…土砂災害など警戒
  • 7月降水量は少なく猛暑が長く続く?

近畿・東海・関東甲信が梅雨入り…今年の特徴は“陽性”

気象庁は6月6日午前、近畿、東海と関東甲信地方が梅雨入りしたと発表
近畿は平年より1日早く、東海や関東甲信は平年より2日早い梅雨入りとなる。

今年の梅雨の特徴は“陽性”で、早くから集中豪雨の恐れがあるということだが、どういうことなのかフォーカスする。

梅雨には、晴れたと思ったら急に大雨になるような降り方にメリハリのある“陽性”と激しい雨はあまりなく、しとしとと弱い雨の日が続く“陰性”の2種類がある。

太平洋高気圧の発達早く集中豪雨の恐れ

梅雨前線を挟んで北側が陰性、南側が陽性となるが、通常、前線は南から北に移動していくので梅雨の前半は陰性、後半は陽性になることが多い。
ところが今年は太平洋高気圧の発達が早いため、前半から陽性となり、激しい雨が降る恐れがある。さらに、6月中の降雨量が平年に比べて多い予報だ

実は九州北部豪雨があった去年やおととしも同じように前半から陽性の梅雨だったとみられ、ここ数年、このような梅雨の傾向が目立つ。

今年も集中豪雨などの恐れがあり、土砂災害や河川の氾濫などに警戒が必要である。

梅雨明け早く猛暑長く続く恐れ

一方で7月の降水量は少ない予報で、梅雨明けが早く、夏の猛暑が長く続く恐れもあるということだ。


(プライムニュース デイズ 6月6日放送分より)

プライムニュース デイズの他の記事