「自信を持ってリストにあげた」W杯に挑むサムライブルー23人が決定!

カテゴリ:話題

目前に迫ったW杯ロシア大会を前に、先ほど西野監督が23人のメンバーの発表を行った。

「短い間、しかも21日からのキャンプは10日たらずでの活動の中で、今日W杯の23人のリストをあげなくてはいけない、非常に難しく厳しい、ただ代表ならではの選考に自分が携われることに本当に嬉しく思っていますし、自信を持って23人リストにあげたい」
「21日から27人の選手を選考してキャンプに入りました。残念ながら怪我の影響で26人で入って、最終的にはすべていい状態で代表チームの選考に入る26人ではありませんが、まだ本大会まで猶予があります。そういう猶予も含めた上で、メンバーを23人決めさせてもらいました。」
と話した西野監督が決めた、W杯に挑むサムライブルーは、以下のメンバーだ。

▼GK
川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

▼DF
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
遠藤航(浦和レッズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

▼MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)


▼FW
岡崎慎司(レスター/イングランド)
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)


W杯ロシア大会は6月14日から始まり、日本代表はコロンビア・ポーランド・セネガルの3国と、H組で決勝トーナメント進出の2枠をかけて争う。

5月の最新のFIFAランキングではコロンビアが16位、ポーランドが10位、セネガルが28位と、60位の日本は格上との戦いだ。

1998年フランス大会から、6大会連続6度目のW杯本戦出場となるサムライブルーが、グループリーグを突破し、決勝トーナメントで初勝利をあげる姿を目にすることができるだろうか。


【グループリーグの日程(日本時間)】
 6月19日21時〜 コロンビア戦
 6月25日0時〜 セネガル戦
 6月28日23時〜 ポーランド戦

(イラスト:さいとうひさし)

2018FIFAワールドカップの他の記事