初インタビュー!死線をさまよった元スパイの娘が語る

カテゴリ:ワールド

イギリスで起きた神経剤襲撃事件で、一時重体となったロシアの元スパイの娘が、メディアの取材に初めて応じた。

「今でも襲われたことが信じられない。神経剤が使用されたとのショックです」

ユリア・スクリパリさんは今年3月、ロシアの元スパイの父とともにイギリス南部で猛毒の神経剤で襲撃され昏睡状態となっていましたが先月退院し、父親も今月に入り退院したことが発表されている。

「人生がひっくりかえってしまった」

またユリアさんは「いずれロシアには戻りたい」などと述べる一方で、「現時点で支援を受けるつもりはない」と母国との接触を拒んだ。
事件をめぐってはイギリス政府がロシアが関与したと断定しているが、ロシアは否定し、外交官を追放し合うなど、両国の対立が深まっている。