西城秀樹さんが死去。昭和の大スターの足跡をたどる

歌手の西城秀樹さんが死去していたことがわかった。

広島県出身の西城さんは、1972年に「恋する季節」でデビュー、一躍トップアイドルとなり、郷ひろみさん・野口五郎さんと共に「新御三家」と評された。

代表曲は「傷だらけのローラ」「ブーツをぬいで朝食を」「YOUNG MAN」「ギャランドゥ」など。

俳優としても「寺内貫太郎一家」などに出演。
歌手と俳優の両面で幅広い芸能活動を続け、「ヒデキ、カンゲキ!!」などCMなどでも活躍していた。

2003年と2011年に2度脳梗塞を発症し、右半身に麻痺が残ったが、懸命なリハビリを続け、2015年には還暦バースデーライブを開催するまでに回復していた。

2017年も1日3時間ほど歩き、筋肉トレーニングなどを行い、ライブも開催していた。