「目指すはイニエスタ」宇佐美貴史が見せたW杯を見据えた変化

カテゴリ:話題

  • かつて天才と呼ばれた男は、ドイツで大きな転機
  • 2度のブンデスリーガ挑戦を経ての“決断”
  • 自分の目指すべきプレースタイルを見つけW杯に挑む

まもなく開幕する2018FIFAワールドカップ ロシア大会。
日本代表のメンバー宇佐美貴史選手が今大会に懸ける思いを語る。

大きな転機を迎えた宇佐美貴史

5月、W杯に挑むメンバーを選ぶため、西野朗監督は12日間に渡る欧州視察を行っていた。

デュッセルドルフ戦を視察に訪れた西野監督は、何に注目するかという我々の問いかけに対し「全て期待していますよ」と笑顔を見せ、スタジアムへと入っていった。

試合会場で新指揮官が見つめる先には、ドイツで挑戦を続ける、かつての愛弟子の姿があった。

かつて天才と呼ばれた男は、今、ドイツで大きな転機を迎えている。

「まともにやったって勝てない」

ドイツの自宅に招き入れてくれた宇佐美貴史選手。

「ブンデスリーガのトップレベルは、やっぱり凄いハイレベルだなと感じましたし、本当にまともにやったって勝てないと思ったんで」とブンデスリーガで感じた想いを素直に語る。

宇佐美貴史(26)FW
178cm 72kg
所属:デュッセルドルフ
今期リーグ戦成績:28試合(先発14試合)8得点
日本代表通算成績:21試合(先発9試合)3得点

「バロンドールを取りたい」

17歳で西野監督に見出され、ガンバ大阪史上最年少でトップチームで試合に出場した天才の輝きは、瞬く間に世界のビッグクラブの目に留まる。

19歳にして世界でも有数のビッグクラブ、バイエルン・ミュンヘンへの移籍を実現させた。

当時の会見で宇佐美選手は「最終的にはバロンドールを取りたい、バロンドールを目指して頑張って行きたい」と豪語していた。

しかし、世界トップレベルのドイツ・ブンデスリーガの中でも、毎年優勝争いを続けるバイエルン・ミュンヘンでの初挑戦は、リーグ戦出場数3試合と全く結果を残せなかった。


失意の内に帰国した宇佐美選手だが、2016年7月、再びブンデスリーガへ挑戦。
ドイツ1部のアウクスブルクに移籍した。

しかし、そこでもリーグ戦11試合出場、0得点0アシストと思うような結果を残すことができなかった。

本人は当時のことをこう振り返る。

「アウクスブルクで1年近くまともに試合に出ていなかったっていうのは、やっぱりすごく尾を引いていたというか、このままでは絶対にW杯には行けないという感覚になったので、何かを変えないといけないと思いました」

新天地で輝きを放つ天才

自分を変えるために何が必要なのか、考えた結果、天才は新天地へ移ることを決断した。

ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフに移籍した結果、宇佐美選手は今期リーグ戦28試合(先発14試合)8得点3アシストという好成績を残し、チーム優勝の原動力となった。


そんな宇佐美選手に、自分自身の中で一番変わったと思うことを尋ねた。

「メンタルですね、完全に。19歳20歳の頃よりもしっかりと現実を見定めてというか、自分自身のポテンシャルを大きく見過ぎないようになりました」

謙虚な姿勢が欠けていた自分、そこに気付いた時、見えてきた答えがあった。

自身よりも明らかに身体能力が高い選手たちにボール技術が付いてくると、『じゃあ僕はどこで戦うんだ』と考えたという宇佐美選手。

「その時に思ったのが、スペイン代表のイニエスタ、シルヴァ、イスコ、僕と同じくらいの身体能力、体もそんなに大きくない選手たちがトップでやれるというのは、やっぱり『判断の速度』とか『判断の質』と、一切ブレなく思ったところにボールを置ける技術と、あとはボールの保持の仕方。
ああいうところを突き詰めていくしかないなと思いましたね。『俺はここしかない』って思いましたね」

と、スペイン代表のイニエスタ(171cm68kg)、ダビド・シルヴァ(170cm67kg)、イスコ(178cm79kg)というバルセロナ、マンチェスターC、レアル・マドリードで活躍する3選手を例に、目指す姿を見据えた。

ようやく見つけた自分の目指すべきプレースタイル、手にした答えを信じ、憧れの舞台を目指す宇佐美選手。


「W杯は、その選手が無駄にしなければ、何かきっかけを絶対に与えてくれる大会だと思うので、どういうレベルのサッカーが繰り広げられるのかとか、全てが楽しみです」


2018FIFAワールドカップ ロシア大会は14日に始まる。


2018 FIFAワールドカップ
GS第3戦 日本 × ポーランド
28日(木) 夜9時 フジテレビ系列 LIVE

(S-PARK:毎週土曜24時35分〜25時15分 毎週日曜23時15分〜24時30分
 https://www.fujitv.co.jp/s-park/

2018FIFAワールドカップの他の記事