吉田羊が大久保佳代子にまさかのキス! 理想のキスシーンとは?

カテゴリ:芸能スポーツ

  • 映画「ラブ×ドック」の公開記念舞台挨拶
  • 出演者に理想のキスシーンを質問してみると
  • 吉田羊が大久保佳代子にキスシーン実践

映画「ラブ×ドック」の公開記念舞台挨拶

人気バラエティー番組を手掛ける放送作家鈴木おさむの長編映画監督デビュー作「ラブ×ドック」の公開記念舞台挨拶が5月12日東京・六本木の映画館で行われ、出演した吉田羊、大久保佳代子、広末涼子、野村周平、玉木宏、成田凌、篠原篤、唐田えりかと鈴木おさむ監督が参加した。

出演者に理想のキスシーンを質問してみると

映画ではホイップクリームキス、ピンポン玉キス、金魚キスなど様々なシチュエーションのキスシーンが描かれると言うことで、理想のキスシーンを出演者に聞いてみると…

大久保佳代子:
自然な中でのキスが理想かな。同棲2年くらいの関係。2ドアの冷蔵庫の中からしゃがんでポン酢を探しているときに、振り返った瞬間キスされるのがいい

と説明し、なんと野村周平と実演することに。大久保は「実演は照れる…」と乙女な表情を見せていた。

一方、広末涼子は理想のキスについて「2つで迷う」と周囲を驚かせ「一つは結婚式の誓いのキス。短くてもキュンとするし、長すぎてもハラハラする。もう一つは大久保さんと似ていて、自然な感じで毎朝の行ってらっしゃいのチューかな」と照れながら話すと、すかさず大久保が「毎朝していますか?」とズケズケと詮索し、笑いを誘った。

そして吉田羊は理想のキスについて「髪の毛を切ったときに、『可愛いじゃん』と髪の毛を触りながら引き寄せてチュッとされるのがいい。唇や頬のようなオーソドックスな場所ではないところにキスされると、自分のパーツのすべてを愛してくれていると思えるから」と妄想。客席のファンから拍手が上がっていた。

吉田羊が大久保佳代子にキスシーン実践

また、この日47歳の誕生日を迎えた大久保に、サプライズで大久保の愛犬パコ美をかたどった特製バースデーケーキーをプレゼント。
さらに劇中のホイップクリームキスにちなんで、吉田羊が大久保の頬にクリームを塗りつけてキスするというサービスショットもあり、公開記念舞台挨拶は大盛りあがりとなった。

映画「ラブ×ドック」ストーリー
恋愛クリニック「ラブドック」を訪れた人気パティシエの剛田飛鳥(吉田羊)。人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事を無くし、親友を無くしてきた。そんな飛鳥に、魅惑の女医、冬木玲子(広末涼子)が処方したのは、遺伝子から抽出したという特別な薬。これを使えば危険な恋愛をストップできる優れもの?果たして彼女の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか?いくつになっても恋をしたい!毎日を楽しみたい!でも理想と現実がかみ合わない・・・そんな女性たちに贈るラブコメディ。