カメラ映像を“ゴッホ風”に高速処理。「5G時代へ 」ソフトバンクが仕掛ける技術

プライムニュースα
国内

  • ソフトバンクが企業向け体験施設「5G×IoT studio『お台場ラボ』」を公開
  • 2020年の実用化に向けた「5G(第5世代移動通信システム)」の技術を検証
  • 「今からいろんな企業と『共創』していく」

通信事業会社大手のソフトバンクが11日、企業向けの体験施設「5G×IoT studio『お台場ラボ』」を公開した。
ここでは、2020年の実用化に向けた「5G(第5世代移動通信システム)」の実験機器がそろえられ、5Gの技術を検証できる。

カメラでとらえた映像が、瞬時にゴッホ風や写楽風のタッチに切り替わる装置には、大容量の情報をリアルタイムで高速処理できる5Gが活かされている。

2020年の5G時代に向けて…

「5G×IoT studio『お台場ラボ』」

ソフトバンク先端技術開発本部・湧川隆次本部長は、「5Gはまだ少し先ですが、今から始めることによって、実際に5Gが展開したと同時に、いろんなビジネスが始まればいいなということで、いろんな企業様と『共創』していこうと」と話した。

ソフトバンクは、2020年の5G時代に向けて、このラボを多くの企業に利用してもらうことで、ビジネスチャンスにつなげたい考えだ。

(「プライムニュース α」5月11日放送分)

プライムニュース αの他の記事