板野友美が全国ツアー完走 「イマジネーションゲーム」主題歌を初披露

カテゴリ:芸能スポーツ

  • 板野友美が自身初のバンド形式での全国ツアーを完走
  • 久本雅美とダブル主演映画の主題歌を担当すると発表
  • 主題歌「イマジネーションゲーム」をライブで初披露

板野友美が自身初のバンド形式での全国ツアーを完走

元AKB48の歌手・板野友美の全国ツアー「板野友美 LIVE TOUR 2018 ~Just as I am~」の最終公演が5月12日東京・マイナビBLITZ赤坂で行われた。
アンコールで久本雅美とダブル主演する7月公開の映画「イマジネーションゲーム」の主題歌を担当することを発表し、同名の主題歌を初披露した。


今回は、ダンスを封印して板野友美自身初のバンド形式での全国ツアー。
板野友美はMCで「ツアーファイナルです!今日はソロデビューの時からずっとやりたかった生バンドツアー。バンドメンバーと皆さんと一丸となってグルーヴを体感して帰っていただけたらと思います!」と話した。


本編ラストのMCで「19歳で「Dear J」でデビューして7年が経ちました。大人になり色々な経験をしたからこそ、傷つくことが怖くなって、昔より臆病になっていた気がします。「Just as I am」を作詞する中でこれまでの自分とこれからの自分と向き合う中で、私にはまだまだ夢がたくさんあることに気付きました。一度きりの人生、自分の気持ちに嘘をつかずに、なりたい自分に向かって走ってこうと思います。そんな想いを新曲「Just as I am」にのせました。そして、この想いがツアーにも込められたらと思ってツアータイトルも「Just as I am」にしました。これからも皆さんの前で歌い続けていけるよう頑張ります」と決意表明をして「Just as I am」を歌唱した。

久本雅美とダブル主演映画の主題歌を初披露

アンコールのステージでは、会場のスクリーンに映画「イマジネーションゲーム」で共演した久本雅美からのメッセージ動画と映画の特報映像が流れた。
久本は動画で「ともちんは自分の想いや感情をしっかりと監督に伝えるしプロだなぁと感動しました。現場も楽しく賑やかで、お芝居もやりやすかったです」と板野について語ると共に「映画では驚くようなシーンもあるのでお楽しみに!」と話した。

映画「イマジネーションゲーム」より
映画「イマジネーションゲーム」より


その後、板野は映画と同名の主題歌「イマジネーションゲーム」を初披露。
最後この日20曲目となる「For you,For me」を歌うと会場全体がシンガロングとなり、全国5会場をまわるツアーの幕が閉じた。


映画「イマジネーションゲーム」ストーリー
早見真紀子(久本雅美)は、大手ゼネコンに勤務するエリートキャリアウーマン。仕事一筋で独身。そんな早見には人には言えない秘密があった。それは街中に下着を隠し、ヒントを頼りに下着を探させる「真夜中のパンティ探し」というサイトのカリスマ的な女神であるということ。そんなある日、早見は公園で野宿しようとしている葵(板野友美)と出会う。葵は、夫の留守中に隠れてこっそり復讐する「夫への復讐サイト」のカリスマ的なブロガーであった…。 

主演:久本雅美(早見真紀子役) 板野友美(池内葵役)
公開:2018年7月28日(土)より東京・シネ・リーブル池袋ほかにて
監督・脚本・編集:畑泰介
企画プロデュース・音楽:菅野祐悟
配給:プレシディオ