「借金してよかった」串カツ 田中の社長が語る“不安経営”

The News Masters TOKYO
ビジネス

  • 『串カツ 田中』を育てたのではなく、育ててもらった
  • 企業理念は「串カツで、一人でも多くの笑顔を生むことにより、社会貢献する
  • 寝ても覚めても『串カツ 田中』のことを考えてる

文化放送「The News Masters TOKYO」マスターズインタビュー。首都圏を中心に快進撃を続ける『串カツ 田中』社長・貫啓二さんへのインタビューの後編。

「串カツ」を選んだきっかけは、副社長となる田中さんが熱望したことと、偶然に見つかった田中さんの父親のレシピで串カツが美味しくできたこと。そして、世田谷の住宅街に一号店をオープンさせるにまで至った軌跡を語った。

今回は、企業理念や飲食業界と「串カツ田中」のこれからについて、The News Masters TOKYOのパーソナリティ・タケ小山が迫る。

(前編:『串カツ田中』は8割が住宅街。なぜ繁華街を選ばないのか?  https://www.fnn.jp/posts/00308501HDK

成長と『串カツ 田中』の企業理念

貫さんは『串カツ 田中』を始める前、BARやデザイナーズレストランを経営していた。

今でこそ、飲食店業界で台頭著しい経営者は何を考え、何を見ていたのだろうか。

タケ:
当時の経営を振り返ると?

貫:
本当に何も知らなかったです。数字の見方や、専門用語もアルバイトの人に教えてもらっていました。飲食も経営も素人、苦労するのが当然でしたね。今みたいにSNSもなかったので、情報交換もなかったです。


経営に関する知識はおろか、長期的な見通しもなかった。しかし、その時は必死で、その都度正しいと思ったことをやっていたという。

貫:
20年前、『串カツ 田中』をやっていたら、天狗になって5店舗くらいで終わっていたと思います。


貫さんは、『串カツ 田中』をやってから、客や従業員にも喜んでもらえるようにするには、と考えるようになったという。

一見、「『串カツ 田中』を育てた」「経営戦略が上手くなった」とも思われがちだが、本人としては「『串カツ 田中』に育ててもらった」というイメージが大きい。

そんな『串カツ 田中』の核となる考えはなんなのだろうか。タケが質問する。

タケ:
会社の理念は?

貫:
『串カツ田中』の串カツで、一人でも多くの笑顔を生むことにより、社会貢献する。これが企業理念です。これに嘘偽りない行動をしていると自信があります。


経営方針でも会社内のイベントでも、従業員とお客が笑顔になるか、すべてジャッジをしている。

仕事は、串カツ屋ではなく、串カツで笑顔を生んでいくことだという信念があるのだ。

経営で大事なこと

タケ:
事業を始めるにあたり、借金はしたのですか?

貫:
勿論しました。でも借金は、してよかったと思っています。借金がなかったらいつでも逃げることができるので。


同様に、上場もしてよかったと振り返る。会社の規模やレベルは、上がり続けないといけない。

当然、最初は難しいことばかりで、上場維持費用も必要になるが、その上場準備がなければ、むしろ急成長に耐えられなかったのだそうだ。

タケ:
その甲斐あって、業績好調ですね。いま不安なことはありますか?

貫:
むしろ不安しかなく、僕の経営は『不安経営』ですから。ダメになることを想定してやってきているから、常に改善を続ける。恐らくこの先もずっと。


天狗になったら一瞬で足下をすくわれるのが経営なのだと心得る貫さんだが、こうした成功を見て、他の企業が放っておくわけもなく、似たお店も登場している。

それについては、こうした考えを持っている。

貫:
寝ても覚めても『串カツ 田中』の事を考えている。だから似たお店を出しているところとは考えている時間が違います。

それに負けたら話にならないですし、そもそも向こうが考えられる人なら真似はしません。考えられないから真似しているので、考えられる僕らの方が強いのです!

飲食業界と『串カツ 田中』のこれから

少子高齢化の影響や中食の台頭。そうした要因もあって、売り上げが落ちているという飲食店も少なくない。

それについてタケが切り込む。

タケ:
少子高齢化の影響は受けていませんか?

貫:
大手でもシェアの1%もないのが、この業界です。市場が5%落ちたから、全店が均等に5%落ちるわけではないです。


倒産するところもあれば、逆に売上を伸ばしてくところもある。そして、一つの企業にすべてのしわ寄せが来るわけでもない。企業努力で伸ばしていけるし、その先には海外展開も視野に入れているのだそうだ。

いろんな状況が常に変わっていくので、「少子高齢化を気にしている暇はないですね。むしろ、より良いものを出してくことの方が関心ごとです」と語る貫社長。

とはいえ、未来に向けての種まきにも余念がない。

タケ:
店内には子供連れのファミリー客もいますよね?

貫:
子どもは大事です。10年後には大人になっていて、だいたいの人はお酒を飲みます。成人より客単価は減りますが、将来のことを考えるとそれでいいのです。


創業当初から今の客単価のことよりも10年、20年、30年の長期戦略でやっている。ある意味、子供が一番のターゲットと言っても過言ではないのだ。

さらに、事業規模も飲食店にとどまらない。

店のパン粉やソース、油などの販売は行っていないが、いずれコンビニやデパ地下などで買えるようにして、お酒を飲まない人や色んな人が色んな形で串カツ田中を楽しめたらいいとも考えている。

貫:
なにがヒットになるかわかりませんが、常に変わり続けていくとは思います。


リーマンショックのどん底から這い上がった串カツ田中。「できる範囲で経営し、うまくいけば倒産しない」程度だったお店は、めざましい急成長を遂げた。

しかし、そんな企業の中枢に浮かび上がったのは「不安しかない」という一見するとネガティブな男の存在。

だからこそ、常に現状に満足することなく、ブラッシュアップを続ける。ポジティブな人だけが、ビジネスで成功するのではない。

貫社長の姿から、勇気を与えられる人もきっといるはずだ。

文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。

音声で聞くには podcastで。The News Masters TOKYO Podcast 文化放送「The News Masters TOKYO」
http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)

こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR

パーソナリティ:タケ小山
アシスタント:西川文野(文化放送アナウンサー)

「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

The News Masters TOKYOの他の記事