「心の余裕が生まれる」“パパ会”の上手な活用法とNG行動

パパ同士の付き合い方のいろはを学ぼう!<br>

FNN.jp編集部
カテゴリ:国内

  • “パパ会”一番のメリットは「共感」
  • 愚痴を聞いてもらえて心の余裕が生まれる
  • これから参加を検討している人に役立つアドバイスも聞きました

“イクメン”という言葉が流行り、男性の育児休暇取得を支援する企業も増え、子育てに積極的な男性の存在も当たり前になってきた。
以前は、「ママ会」「ママ友」といったようにママが注目されていたが、最近では、職場でも家庭でもないサードプレイスとして、「パパ会」や「パパコミュニティ」という言葉も耳にする機会が増えた印象だ。

 
「パパ会はいい!」と言う男性も多いが、具体的にどんなことをしていて、何がいいのかよくわからない…。
そこで今回は、実際にパパコミュニティに参加しているNPO法人tadaima!代表理事・三木智有さんにパパコミュニティのメリットなどを聞いた。

一番のメリットは「共感」

最近、東京から京都へ移住したという三木さん。京都でのパパコミュニティの活動はまだこれからだそうだが、将来の教育について学び合う会などに参加しており、また東京にいたころは、子どもの保育園関連や趣味の集まりの中でできあがったパパ同士など、さまざまなコミュニティに参加していたそう。

 「子どもが生まれたばかりの時に、『自分が子どもとどう接するか』『どうやって働き方を調整するか』悩んでいて、また、『tadaima!』という組織で、パパが家事に携わることは大事だよと発信しているけれど、発信する側としてまずは自分がきちんとしなければというプレッシャーもありました。
妊娠期は、まだ夫婦それぞれの生活なのでよかったのですが、子どもが生まれてからは、妻の心身の変化、慣れない子育てでうまくいかなかったんです」(三木さん、以下同)

そんなさまざまな悩みを抱えていた三木さんを救ったのが、同じく子育てをする「パパ」の存在。

 「その時は、ファザーリングジャパンで活動していたパパに相談できました。共感してもらえるので、それが大きかったです。ママに話しても、立場が違うので完全な共感はできません。
ワーキングマザーなら立場が近いから共感できるかといえば、共感できることばかりではありません。

パパ同士だとフラットで共感し合えるので、たとえば仕事と子育ての比重など細かい話やパパならではの愚痴も言い合えました。不思議なもので、自分が切羽詰まって悩んでいることでも、言葉にした瞬間そうでもないと思えることは多いですよね。自分の中だけだときついけど、話を聞いてもらえて共感してもらえるのは、メリットだと思います」

ママ会とは話題が違う

三木さんの「ママやワーキングマザーとは立場が違うから共感できることばかりではない」という言葉。それなら、同性である男性なら誰でもいいのかというと、これまたそうではないらしい。

「学生時代の友だちに話そうとした場合、その友だちに子どもがいないと、『じゃあ夜に飲みに行こうぜ』と言われる。でも行けないですよね。

仕事関係の人に話そうとした場合、なんだか気を遣って『愚痴』のような話はしづらいですよね。その点、『パパ』なら、『夜に飲みに行こうぜ』ではなくて、手元に酒とつまみを置いて、子どもが寝た後に『スカイプ飲み』をするなど、同じ境遇、状況だからこそみんなわかり合えた状態で接することができるんです」

 ちなみに、三木さんの参加するパパコミュニティでは、ママ友会のように小児科や塾の評判といった地域の情報はほとんど話題にならないそう。教育法や子どもとの接し方、パートナーや会社に対する悩みなどがおもな話題だという。


愚痴や悩みに共感してもらえることで心の余裕が生まれる

三木さんの実体験をもとに、「愚痴を言えて、共感できること」がメリットのひとつだということがわかったが、パパコミュニティの存在が家庭にもたらしたプラスの作用はあるのだろうか?

 「話を聞いてもらえて自分の心に余裕ができるので、むしゃくしゃすることが減りました。心に余裕ができるから、子どもや妻との接し方が変わった気がします。

また、パパ友に教えてもらった子どもとの遊びを家で実践するのが楽しいというのも、プラスの作用かと思います。ほかには、子どもと一緒に参加するパパコミュニティなら、遊び相手や友だちができるので、子どもにとってはメリットかもしれませんね」
 
ただし、「パパコミュニティが楽しくてしょうがない気持ちもわかりますが、あまりのめり込みすぎると、家庭が疎かになることも…。自分の家庭の時間とパパコミュニティに参加する時間のバランスは、夫婦ですり合わせておいたほうがいいと思います」と、注意点もあるようだ。

パパコミュニティに参加するためのキホンの“キ”

最後に、これからパパコミュニティへの参加を検討している人はどうすればいいのか、アドバイスをもらった。

 (1)パパコミュニティの見つけ方は?

「最近では、特に関東近郊ならパパコミュニティは想像以上に多くあります。地域ごとに活動していたり、アウトドア、料理、飲み会、子どもとのコミュニケーションなど、テーマを決めて活動していたり、さまざまです。

その多くは、自治体の公民館や市役所にチラシが置いてあったり、ネットで検索すればヒットしたりするので、まずは調べてみてください。とはいえ、やはり最初は勇気がいると思うので、まずは自分の地元や住んでいる地域で探すのがおすすめです」

 
(2)自分で主催する場合は?

「たとえば保育園のパパ同士など、身近なコミュニティでもいいと思います。
しかし、自分が発起人になるのは、行動力がないと運営は難しいかもしれません。ただ集まって飲みましょうというのは、1、2回で終わってしまう可能性大なので、毎回テーマを変えてもいいので、コンセプトを決めてやるのがいいと思いますよ」

 
(3)パパコミュニティでのNG行動は?

「もちろん個人差はあるし、コミュニティによっては名刺交換からスタートするところもありますが、『仕事のための交流会』と勘違いしないほうがいいです。

たとえば、ウェブデザインの仕事をしている人がいて、ちょうどそういう人を探していたなど、仕事に発展することもありますが、それを全面に出して期待されると浮きます。仕事の話だけに終始するとだいたい面白くなくなるし、パパ会である意味がなくなってしまうので、営業的な話はみんな意図して避ける印象です」

 
「パパコミュニティ」という言葉は聞いたことがあるものの、具体的にはよくわからなかったという人も多いだろう。三木さんの話を聞いて、そのモヤモヤがなんとなく晴れた気がする。これからパパコミュニティへの参加を検討している人は、ぜひ参考にしてほしい。



取材・文=明日陽樹/考務店

取材協力 三木智有 http://npotadaima.com/