また電車の席を占領…相次ぐ高齢者のマナートラブルは“社会的な孤独”が一因

会社をやめ、周りとコミュニケーションをとらなくなり自分勝手に

  • 電車の座席に買い物袋などを置き、高齢者が席取りをした写真が物議に
  • 駅員などに対する暴力行為の2割が60代以上というデータも
  • 社会的に孤独であればあるほど、高齢者の理解する脳が衰えていく

電車の座席に物を置き“席取り”する高齢者

愛媛県・JR予讃線の電車で、誰も座っていない座席に、買い物袋と数冊の本がぽつんと置かれた写真が、ネット上で物議を醸している。

初めて写真を見た街の人は、「忘れものとかですかね?」「えっ、なんだろう?ゴミ?」とコメント。

その後、荷物が置かれていた座席に集まる大勢の乗客、そして封筒が置かれていた向かいの座席には、高齢者の男性が腰かけていた。この写真をツイッターに投稿した人によると、

「高齢者の人が物を置いていて、最初は席取りをしているのか分からなくて、2駅あとくらいに、大勢の高齢者が乗ってきた。非常識だなと思いました。僕ともう1人が座るところがないなと思って立っていて、なんで荷物などが置いてあるのか不思議に思っていた」とのこと。

後を絶たない高齢者のマナートラブル

宮城県でもJR東北本線の電車の座席に「席をお譲り下さい。次の駅から、敬老者が16名乗車します」と仙台市の老人クラブの会員が、席を確保するため書き置きをしたことで問題に発展し、老人クラブは後日、謝罪している。

また、今年1月には三重県・四日市市で70代の男が突如車を追い越し、前を走っていた車両を止めて暴行。男は後に暴行容疑などで逮捕され、その後、不起訴処分となっている。

さらに、店頭に商品がないことに対して店員に怒る高齢者や、電車内で駅員に対して暴力行為を働く高齢者の映像など、ネット上では高齢者のマナートラブルが多数投稿されている。

高齢者の自分勝手は“社会的な孤独”が一因

日本民営鉄道協会のまとめによると、2016年度に発生した、駅員などに対する暴力行為の2割が60代以上となっている。

一体、なぜ高齢者のトラブルが後を絶たないのか。街の人に聞いてみると、女性からは高齢者のトラブルに対して批判的な意見が多く聞かれたが、

60代男性
「年をとればとるほど怒りやすくなる。あんまり相手をしてくれる人がいない。孤立していく、だんだん。どっちかというと邪魔者扱い」
80代男性
「自分がこう考えてこうやっていきたいってときに、それに反するようなこと言われると、こっちが高齢者で色々やってるのに、もうちょっとこっちの気持ちも察しろよって」

男性からは、怒りやすくなった、自分勝手な行動が増えたなどの意見があがった。
一体、なぜなのか。加藤プラチナクリニックの加藤俊徳院長は、

「定年まで毎日今まで30年も40年も会社に通っていますよね。会社で作った脳は、会社に行くことによって働きますので、定年後、本質的な脳の何割かが使えなくなっている。

理解力、理解する脳が落ちていることが多い。周りの人に注意を向けるということができなくなって、自分勝手に見えると思います。社会的に孤立、孤独であればあるほど必ず衰えていきます。男性も暇な時間を埋めていくのが一番重要と思う」
と分析する。

相次ぐ高齢者トラブルに歯止めはかけられるのだろうか。今後、さらなる対策が求められている。

(「プライムニュース イブニング」4月25日放送分より)

プライムニュース イブニングの他の記事