仕事も運気も好調に!? 結婚式場を平日は“オシャレな内装のオフィス”として貸出

カテゴリ:国内

  • 結婚式場が平日はコワーキングスペース
  • 女性起業家向けのセミナーやスクールも開催予定
  • 少子化や挙式披露宴の減少でブライダル市場が攻めの展開

大きな窓が広がる美しい空間に置かれた真新しいテーブルとソファ。

JR渋谷駅から徒歩5分の結婚式場が今年6月のオープンに合わせて、業界で初めて平日はコワーキングスペースとして貸し出すことになった。 

待ち合わせラウンジのテーブルには、働く人への配慮から1席ごとに電源コンセントを配備。
結婚式場の新たな試みの狙いは…。

他のシェアオフィスとは違うイメージ

株式会社エスクリの渋谷守浩社長は、「待合ラウンジも費用をたくさんかけてオシャレに作っているのに、平日の昼間というのは実はそんなに使われていない。コワーキングスペース、シェアオフィスだけのためにこれだけの内装投資というのは不可能だと思う。ご利用いただく方々には、他社のシェアオフィスとは違うイメージ・空間をご提供できるんじゃないかな」と話す。

婚姻件数が減少し、挙式披露宴を行う人も減少しているというブライダル市場。 
今後も少子化や価値観の変化で更なる減少が見込まれる中での攻めの戦略だという。

女性起業家向けのセミナーも

利用者を女性に限定し、起業を目指す女性への支援としてセミナーやスクールも開催予定だ。 

このほかにも、 全国でウェディング事業を展開している「テイクアンドギヴ・ニーズ」は、空いている結婚式場で飲食しながら短編映画の上映をするなど空間の有効活用が広がりを見せている。

「プライムニュース α」4月23日放送分

プライムニュース αの他の記事