「“ゆづ”に気づいてほしい」羽生選手凱旋パレード!ファンたちのアピール戦略

カテゴリ:国内

  • 羽生結弦選手が仙台で凱旋パレード 全国から10万8000人が集結
  • あの手この手で羽生選手にアピールするファンたちを取材
  • 東京から訪れた「そっくりさん」にも500人が撮影

22日、仙台市内で平昌オリンピック男子フィギュアスケート金メダルの羽生結弦選手(23)の凱旋パレートが行われた。羽生選手を一目見ようと全国から集まったファンは10万8000人!

そろいのピンクの帽子とパレードTシャツで羽生選手にアピール

グッディ!取材班は、なんとか“羽生選手に気付いてもらいたい”と思い思いの工夫をする結弦ファンを徹底取材。

 まずは、こちら仲良し10人組の“ピンクのマダムたち”。

おそろいのピンクの帽子と、パレード限定Tシャツと巨大なお手製の横断幕で羽生選手に気付いてもらおうとするが…

Q.どうやって声かけようか決めてるんですか?

女性「『殿!』と呼びかけたいと思います。『結弦君』は皆さんがおっしゃってくれるから。私たちは『殿!』って声かけて、ね」

 果たして羽生選手は気付いてくれるのか? 大熱狂のパレードが始まり羽生選手がマダム集団の前に差し掛かると…、

最前列に陣取る10人のマダムたちに向け“殿”が…手を振ってくれた!

女性「気づいてくれましたぁ!みんなで『殿~!』って熱い思いを込めた熱い思いが相手に伝わったんです」

他にもパレード前日の夕方に現場へ到着して、夜なべでうちわを作る人や、奥さまが大ファンなのでご主人も付き添いで一緒に来たというご夫婦も、

羽生選手見るため訪れた合計約10万8000人のファンたち。パレード中、そのファンが感動したのは随所で見られた羽生選手の「神対応」。沿道の左右に、同時に手を振ったかと思えば…。

後ろのファンのために手を後ろに回して、振るという難度の高い技も見せてくれた!

トレンディエンジェル斎藤:
「こんなに人を集められる人は、日本には他にいないんじゃないですか? 羽生君の“バックお手振り”ですか?あれは真似したいですけどね~。後ろにファンがいればですけど…」

 大盛況で幕を下ろした羽生選手の凱旋パレード。

しかし、パレードが終わってもまだまだ冷めやらないファンの熱はある人に注がれていた!

羽生選手のそっくりさんにもゆづファンが殺到

当日、東京から駆けつけた羽生結弦選手のそっくりさん、津﨑桂一さん(34)。

広瀬フィールドキャスター:
「津﨑さんは一般の方なんですが、こだわりは強くSEIMEIの衣装は特注品。専用のメイクさんまでつける本格派なんだそうです」

安藤優子:
「そっくりさんで500人も集めちゃうというゆづパワーを改めて拝見しました~」

(「直撃LIVEグッディ!」4月23日放送分より)

グッディ!の他の記事