本当は日本に夢中?韓国人のホンネ

カテゴリ:ワールド

  • ビッグデータの解析によると実は「日本好き」が多数派…韓国メディアは「意外だ」
  • 訪日韓国人は過去最多を記録
  • 一方訪韓日本人は訪日韓国人の3分の1以下…韓国政府嘆き節

「韓国人は今、日本に夢中です」

先日、韓国政府の関係者と話をした際、こんなことを言われました。

「韓国人は今、日本に夢中ですよ」

日韓両国は、慰安婦問題や竹島の問題が出る度に、双方の政府やメディアが批判し合うなど、ギスギスした状態が続いています。

この状況で、韓国人が「日本に夢中」だと言われても、日本で暮らす人には「ピン」と来ないかもしれません。しかし、韓国で暮らしている日本人としては、「日本に夢中」な韓国人がたくさんいることは、肌感覚で分かります。

韓国メディアが驚く韓国人の「日本好き」

ソウルでは日本料理のレストランが次々とオープンしていて、一棟丸ごと日本料理店というビルまで登場しました。日本のアニメや漫画に熱狂し、J‐POPを日本語で熱唱する若者も珍しくありません。
私が日本人だと分かると、親しげに話しかけてくる韓国人も少なくありません。

これはあくまで「肌感覚」でしか実感できないものだと思っていたのですが、先日これを「数値化」した興味深い記事が、韓国の大手紙「中央日報」に掲載されました。

記事によると、2010年から最近までツイッターなどSNSに書き込まれた日本関連の文章のビッグデータを解析した結果、書き込みは1439万件に上り、「好き」などの好意的な文は45.2%だったのに対し、「犯罪」「被害」など否定的な文は27.2%に留まったというのです。

「好意」の方が「嫌悪」よりも圧倒的に多いという訳です。

中央日報も「日本関連のニュースで“慰安婦”“独島(竹島の韓国側呼称)”“嫌韓”のような否定的な内容が主流である事を考えれば、意外だ」と驚いています。

もちろん、SNSを使っているのは若年層が多いので、すべての年代を網羅した数字とは言えません。

しかし、世論調査で正面切って聞かれるのとは違い、日常的なつぶやきの集合体であるSNSのビッグデータを活用したこの数字には、韓国人のホンネがにじみ出ていると言えそうです。

2017年の訪日韓国人は714万人と過去最多

もう一つ、「韓国人は日本に夢中」を裏付ける数字があります。

2017年に日本を訪問した韓国人は、実に714万人と過去最多を記録しました。韓国の人口は5000万人余りですから、いかに多くの韓国人が日本に行ったのかが分かります。わざわざ嫌いな国には行かないでしょうから、多くの韓国人が「日本に夢中」というのも頷けます。

日本の国旗を引き裂くような、過激な「市民団体」は確かに存在します。
ニュースなどで報じられ、どうしても目立ってしまうことも否めません。
ただ、彼らは少数派なのです。

こうした中、去年韓国を訪問した日本人は231万人と、最も多かった2012年の351万人に比べ100万人以上少なくなっています。

先に登場した韓国政府関係者は「もっと多くの日本人が韓国に来てくれないでしょうかね。全然つり合いが取れていません」と嘆いていました。

逆に「韓国に親しみを感じる」日本人は比較的少ない

トランプ大統領の歓迎晩さん会に元慰安婦の女性を招待して「独島エビ」を提供し、明らかにウィーン条約に違反している日本大使館前の慰安婦像は撤去される気配も無く、挙句の果てに慰安婦像のレプリカを乗せたバスがソウル市内を走り回る…これで多くの日本人に来てほしいというのは、ずいぶん虫のいい話です。

実際、去年12月に内閣府が発表した調査によると、韓国に「親しみを感じる」日本人の割合は37.5%に留まっています。

韓国政府としては、「それはそれ、これはこれ」、お得意の「ツートラック」で行きたいのでしょうが、訪韓日本人を増やすには、もう少し韓国政府の努力が必要だと思います。

(フジテレビ ソウル支局長 渡邊康弘)

隣国は何をする人ぞの他の記事