平尾容疑者は森の中に潜伏?ドローンで上空から見てみた

カテゴリ:国内

  • 逃走から11日目となる平尾容疑者はまだ見つかっていない
  • 窃盗被害相次ぐ向島北部にある森をドローンで撮影
  • 身を隠せる場所が多数あるように見えた

平尾龍磨容疑者が刑務所から脱走して今日で11日目となった。

未だ姿を捕らえられていない平尾容疑者は、今どこに身を潜めているのだろうか。

「とくダネ!」では今回ドローンを使い、その行方を追った。

潜伏しているとみられる広島県尾道市の向島では、17日も470人態勢での捜索が行われた。

事件発生当初、車上荒らしがあった現場付近で見つかった牛乳パックの付着物が、平尾容疑者のDNA型と一致したことがわかっている。

また、ほかにも複数の窃盗事件が発生していて、それは島の北部に集中。

この付近には、広大な森が広がっている。

広がる森に潜伏できる場所はあるのだろうか?

ドローンを使って上空から調べた。

ドローンで見ると、身を隠す場所が多数

ドローンを飛ばしたのは、車上荒らし被害の現場付近。

150mほどの高さからみると、この周囲は見る限り山の中となっている。

車上荒らしがあった現場のすぐ裏手は木々が生い茂る、深く険しい森。

ここから東に進むと、背の低い木や草が生えているだけの開けた場所になり、小さな小屋が一件ある。

小屋のすぐそばにあったのは“畑”。

いろいろな作物を作っているようで、食糧を調達することもできそうだ。

さらに東に進むと、大きな岩のそばに祠があり、大きな神社も険しい森の中にあった。

点在する小屋や神社のことを考えると、この森の中に身を隠す場所は、豊富にあるように見えた。

実際に警察もこの森の捜索を続けている。

元来この島では、本州に仕事に向かうために車を利用する人が多いそうだが、検問による渋滞も起きてしまっていて、島の人々の生活に影響が出ている。


逃走を続ける平尾容疑者は、今、どこで息を潜めているのだろうか。

(「とくダネ!」ヤマサキ調べました・4月18日放送分より)

脱走受刑者22日ぶりに逮捕の他の記事