ロウソクを使って1万円UP? 不用品を売る前にすべきこと 

【のぞき見!リアル とくキュウ】一手間かけて高値で買い取り

カテゴリ:暮らし

  • 売る時期がいい衣料品と、付属品が揃った家電などは、買い取り額が高くなる
  • ロウソクを使ってファスナーの動きをよくするだけで査定が1万円UP
  • 裏技などを使って少しでも商品をよくすることが高額買い取りの近道

年末、不用品を処分するためにリサイクルショップを利用する際、どうせなら少しでも高く売りたい方はいないだろうか。

売る前に一手間かけるだけで、高く売る技があった。

プロが教える買い取り価格アップ術とは。

不用品が一番多く売られるのは年末

全国に500店舗以上展開するリサイクルショップ「セカンドストリート」。年間で買い取る総数は1億点以上になるという。どんな物を売りにくるのか取材した。

新しい靴が欲しいということで、57点もの洋服やゲームなどを持ち込んだ若いカップル。
衣類はほとんどが1着1円だったが、靴がレア物だということで3000円の値がつき、買い取り総額は1万円越えに。

UFOキャッチャーで取った、100個ほどのおもちゃを持ち込んだ40代の女性は「ウン十万円の絵を買う消費税分にでもなれば」と持ち込んだが、買い取り総額は3450円。

買い取り希望の客は12月はお客さんが一番多いということもあり、客足は途絶えない。

サイズが合わないとスーツを持ち込んだ22歳の男性は、空気清浄機と収納ケースを合わせて、買い取り価格が4500円。内訳を見ると空気清浄機が高く3600円でスーツは650円だった。

店員は「スーツなどは春になると需要とかが出てくるので、1月くらいから徐々に買い取り強化する」と話す。衣類にはシーズンがあり、そのシーズンの少し前に売ると買取価格が1割から2割上昇するという。

目安ではあるが、春物は1~3月、夏物は4~7月、秋物→8〜9月、冬物→10~12月が狙い目だということだ。ただしお店によっては、名前などが刺繍で入ったスーツは買い取りができないこともあり、事前に確認が必要だ。

続いて訪れた20代カップルが持ち込んだのはDVDレコーダー。しかし、リモコンが欠品していたため、通常2000円〜3000円ほどで買い取りされているものが、1200円という評価。コード・説明書・リモコン・箱・タグなど付属品がそろっている方が、買い取り価格が上がる可能性が高いということだ。

洗濯するだけで5倍の買い取り価格?

ブランド品の買い取りにも価格アップのコツがあるという。

44歳の女性が、使わなくなったブランド物のバッグや靴など、25点を売りたいということで、鑑定をかねて、宝飾品やブランド品の買い取り専門店に所属する鑑定士に協力してもらい、その技を伝授してもった。

フェラガモのブーツは2万5000円、クリスチャンルブタンのパンプスは3万円、少し破れもあるシャネルのチェーンウォレットは3万6000円と順調に価格がつけられていたが、あるブランド物は100円。

鑑定士は「少し胸のあたり白っぽくなっているので、その影響で100円です」と話すが、その汚れもお湯などで落とせば500円で買い取れるという。最終的な買い取り価格は合計33万円となり、女性は大喜びだった。

ロウソクとパイプクリーナーで1万円UP

ファスナーが固くなってしまったルイヴィトンのキャリーケースはどうすればいいのだろうか。鑑定のプロは、ロウソク1本だけファスナーに塗って、古くなった歯ブラシでこする、という裏技を教えてくれた。

これでファスナーがスイスイ動くようになり、鑑定士は当初10万円の買取価格を「これやるだけで5000~1万円査定額が変わるので、この商品なら11万円で買取り可能になる」と話していた。

さらに、ダイヤがついたピアスはどうすればいいのだろうか。

「このサイズだったら石(ダイヤ)だけで800円」と鑑定されたものだが、パイプクリーナーに浸すと、5分程度で汚れが浮きあがり、洗い流すと見違えるような輝きに。ただしこの方法で汚れを落とせるのはダイヤモンドだけで、他の宝石は変色する可能性があるので絶対試さないでほしいということだ。

これだけで、800円だった買取価格が3倍以上の2500円となった。

ひと手間で変わる買い取り価格。他にはどんなものがあるのだろうか。

消しゴムとピンセットで1万円UP

シャネルのスニーカーは、買い取り価格2万円。

しかし、ソールの横についた汚れを、使い古した歯ブラシなどでしっかり落とせば、査定価格はプラス1万円の3万円になるそうだ。

査定が1000円と言われたスウェードの靴をよく見ると、かかとに汚れが付いている。そこで消しゴムでこすってきれいにすると2500円に買い取り価格がアップした。

またグッチのハンドバックは、ふちの糸がほつれた状態で査定に出すと、買い取り価格4万円。しかし、ピンセットなどで糸を締め直すと1万円アップの5万円になるという。

簡単な修理や掃除は自分でやっておくことが、買い取り額アップのポイントと言えそうだ。この記事の裏技の数々、リサイクルショップに行く前に試してみてはいかがだろうか。


(『とくダネ!』【のぞき見!リアル とくキュウ】12月26日放送分より)