石田純一 東尾理子夫妻に次女誕生 なんと子供と孫が同級生に!?

カテゴリ:芸能スポーツ

石田純一さんと東尾理子さん夫妻に第三子となる次女が誕生した。

タレントでプロゴルファーの東尾理子さんが自身のブログで夫の石田純一さんとの間に次女が誕生したことを報告した。
「この度、第三子となります次女を無事出産致しました」
「母子ともに元気で出産を終えられた事に心から感謝の気持ちで一杯です」

2012年11月には長男の理汰郎(りたろう)君が、そして2016年3月には長女の青葉(あおば)ちゃんが誕生し、これで石田家の子供は3人に。

東尾理子オフィシャルブログより

そして理子さんのブログには、こんな話も!
「主人にとっては子供と孫が同じ学年となる予定の5人目の子供」

理子さんが言う石田さんの「子供」と「孫」が「同じ学年」とは?
詳しく解説すると

まず1度目の結婚相手との間に生まれたのが俳優のいしだ壱成(43)さん。
そして2度目の結婚でモデルのすみれ(27)さんが誕生した。
その後3度目の正直で理子さんと結婚し3人の子供に恵まれたので、今回が5人目の子供ということに。

そんな中、いしだ壱成さんが先日19歳の女優飯村貴子さんとの再々婚を発表。
さらに今年9月には子供が生まれるということで、この子供は石田純一さんの孫にあたり、今回誕生した純一さんの次女と「同級生」になるという不思議な家族関係となっている。

いしだ壱成さんは取材に対し

壱成:43歳年の離れた兄妹ですね

--それで同い年のお子さんも生まれると?

壱成:だから、妹(東尾理子さんの次女)は僕の子供が生まれてきた瞬間におばさんになる。家族関係が複雑すぎて線がグチャグチャになってますもんね

東尾理子さんもブログに
「兄弟姉妹、孫、叔父、叔母、なんとも頭を使う家族構成にはなりますが、これからも家族みんなで協力し、支え合い、愛に満ち溢れる日々を過せたらと思います」と記しています。