ウニの身がスカスカに 海水温度上昇が原因か?  ~九州 玄界灘~

カテゴリ:国内

  • 高級食材であるウニの身がなくなる異変が起きている
  • 地球温暖化による海水温上昇が原因の可能性
  • アイゴなど海藻を食べる魚への有効な対応も確率されず

ごはんが見えないほどウニがたっぷり盛られた「ウニ丼」やウニを牛肉で軍艦巻きにした「うにく」まで口に含めばトロリととろけ磯の香りと濃厚な旨みが広がるウニは誰もがうなる高級食材だ。

そんなウニの産地では今、採れたてのうにの身がなくなっている。
異変が起きているのは佐賀県の玄界灘に浮かぶ松島近海だ。

ウニ漁を行う海士歴35年の宗さんは「ひとたび海に潜ればサザエやウニなど海の幸がたっぷりとれるが身はスカスカ。他の地方で採れたウニと比べてみると
身がまったく入っていないように見える。」と肩を落とす。

なぜ身が消えてしまったのか?

宗さんはある魚の存在を指摘する。

「アイゴが海藻を食べるとですよ。最近は、地球温暖化で(アイゴが)冬を越すようになって、どんどん増えてきよる」

もともとウニはワカメなどの海藻を食べて育つ。しかし近年、同じく海藻をエサとする魚アイゴが増えこれまでいなかった魚が冬場にも表れるようになりウニが食べる海藻をが減っているというのだ。

そのアイゴが増加した原因と考えられるのが、地球温暖化による海水温の上昇だ。
気象庁によると、玄界灘を含む海域の海面水温はここ100年ほどで1.23℃上昇した。

さらに、海面水温が上昇しているのは玄界灘周辺だけではないと気象予報士の酒井千佳さんは指摘する。

「世界的な上昇率のおよそ2倍、日本近海では上がっています。」

海面水温の上昇は、日本を取り巻くほぼすべての地域で起こっていて上昇率は世界平均の2倍以上だ。その影響か、ウニの身が消える現象は、去年の夏、岩手でも発生。
ウニの取引量は例年の半分に激減した。


今もなお、アイゴなど海藻を食べる魚への有効な対策は確立されておらず安心できない状況は続いている。

写真はすべて
ソーシャル・イノベーション・ニュース
素材提供:日本財団
     「海と日本プロジェクトin佐賀」

プライムニュース イブニングの他の記事