脱シンプル!『しっかり感』が出る「スリーピース」が最注目

「クールビズ」もサマになる!

  • 『クラシック回帰』で、20代、30代を中心に売り上げ増
  • クールビズにも「ベスト」は使えるアイテム
  • 日経BP総研・品田英雄氏「こじゃれたもの、小細工がきいたものを選びたい人が増えている」

『クラシック回帰』

新社会人の必須アイテムとして、この時期需要が高まるスーツだが、中でもスリーピースが今、人気だという。   

AOKI銀座本店・保谷大介店長によると、「背景としてスーツは今『クラシック回帰』というのでスリーピーススーツが注目されている。購入層は20代、30代が中心だが、40代以上の客も前年に比べて約1割ぐらい増えている」という。

ライフスタイルや働き方の変化に伴って、ビジネスシーンではカジュアル化が進み、スーツ市場は縮小傾向といわれているが、スリーピースについては紳士服大手各社で「売り上げ、取り扱い量」ともに増えている。

スリーピースは「売り上げ、取り扱い量」ともに増加

「クールビズ」にも活躍

AOKI銀座本店ではここ1、2年のスリーピースの好調な売り上げを受け、去年の倍にあたる14種類にバリエーションを増やした。 

また、これから始まる「クールビズ」には、ジャケットなしでもフォーマルにも、カジュアルにも着こなせる「ベスト」が特に便利。   
「ベスト」単体の種類も増やしたという。

スリーピースを愛用している20代の男性は、「かっこいいから着てます。目についていいなと思ったので」「白シャツとスーツだけだと『しっかり感』が出ないので、『しっかり』を見せたいなと思って」 と話す。

「こじゃれたもの、小細工がきいたものを選びたい」

ビジネススタイルの自由度が増す現代で、あえてクラシックに回帰する現象に、ヒット商品などに詳しい日経BP総研・品田英雄氏は、「シンプルに収束するようなものに対して人々は飽きている。それとは違ったちょっとこじゃれたもの、小細工がきいたものを選びたい人たちが増えていて、それが結果的にスリーピースに流れているような気がする」 と分析する。

(「プライムニュース α」4月4日放送分)

プライムニュース αの他の記事