知ってますか?鹿児島ラーメンの魅力

カテゴリ:地域

  • 博多、熊本などご当地ラーメン激戦区の九州
  • そんな九州で独自の発展を遂げた鹿児島ラーメン
  • 創作性豊かな、鹿児島ラーメンは入賞店舗以外にも魅力がいっぱい 

2018年2月 鹿児島県内の人気ラーメン店が味を競い合う、鹿児島ラーメン王決定戦が鹿児島ウォーターフロントパークで開催された。
今年で4回目となるこの大会。
3日間で16万人が来場し大盛況のうちに幕を閉じた。

今回、出店したラーメン店は全部で18軒。
昨年のラーメン王決定戦の上位3店と県民大投票で選ばれた15店。
今や鹿児島県民にとってはなくてはならない冬の風物詩の一つとなっている。

中国のお正月にあたる春節と時期が重なっていることもあり、今回は鹿児島を訪れた中華圏の観光客を呼び込もうと懸命に中国語で呼び込みをする店も…

鹿児島ラーメン王者は来場者のコイン投票数で決められる。
熾烈な戦いを勝ち抜き第4代鹿児島ラーメン王の座に輝いたのは、鹿児島市内にある『五郎家(ごろうや)』。
第2回大会の覇者が今回、王座に返り咲いた。(7281票)

五郎家のラーメンは炙りホロ肉と揚げチャーシューに濃度高めのとんこつとと鶏がらスープが食欲をそそります。
麺はこだわり特製オイルで和えてからスープに加える新感覚の「和え麺」を使用しています。



準優勝は昨年の覇者『TAKETORA(たけとら)』(6559票)

名峰・開門岳に見立てた黒豚の生ハム、ミンチ、しゃぶ肉を贅沢に使用。
豚骨と鶏白湯を使用したパンチのあるクリーミーなスープも注目されました。



第3位はニューカマー『サカノウエユニーク』

自慢のとりそばは、さつま赤鶏のスープに枕崎産鰹節(クラシック節)のダシとゆずが香る。
焼き目をつけた香ばしいチャーシューが魅力です。

ラーメン激戦区・九州のラーメン文化を独自の形で発展させた、個性豊かな鹿児島ラーメンの数々。
上位、入賞の店舗以外にも様々なこだわりの逸品が勢ぞろい。
是非、訪れてみてハシゴしてみてはいかがでしょうか?


詳しい鹿児島ラーメン王決定戦に関しての情報はこちら
http://www.kts-tv.co.jp/event/ramen2017/

FNNピックアップの他の記事