郡山市で「市場の朝市」 マグロ解体ショー 販売も

カテゴリ:地域

福島・郡山市で、毎月恒例の「市場の朝市」が開かれ、参加者たちが「模擬セリ」にチャレンジした。

22日朝、一般の人が参加できる「模擬セリ」が開かれたのは、郡山市の総合地方卸売市場。

これは、市場の雰囲気を知ってもらい身近に感じてもらうための毎月恒例のイベントの一環。

22日は、およそ80kgの本マグロの解体ショーも行われ、通常よりも4割ほど安い価格となった即売会が人気を集めていた。

参加した男の子は、「(マグロの解体ショー)包丁の切れ味がすごかった」と話した。

次回の朝市は、10月27日に開催される。