サムライ精神を体感するツアー 福島の魅力発信で外国人誘客へ

カテゴリ:地域

外国人に福島の魅力を発信。

「サムライ」の精神と文化を体感するツアーが、福島・会津若松市で行われた。

日本刀について学ぶのは、千葉県の国際武道大学で柔道や剣道などを学ぶ留学生。

研ぎ石を使って、さびた日本刀を研ぐ体験などを通して、サムライ文化が色濃く残る福島の魅力を感じてもらう。

県観光交流課・藤井智生さんは、「世界各国に、福島のコンテンツのウェブ調査をしたら、一番『サムライ』というのがヒットしまして、そこをしっかりと売っていきたいと思って、この事業を始めました」と話した。

このツアーは、外国人に人気がある「サムライ」文化に触れられる場所としてPRすることで、アジアに比べて、まだ人数が少ない欧米からの観光客を増やそうと県が企画した。

ロシアからの留学生は「初めてだったから、楽しかったです」と話した。

アメリカからの留学生は「日本独自のものを、日本にいる間に体験できた。とても特別に感じられました」と話した。

県は、ツアーの参加者から意見を集め、誘客の取り組みに生かすことにしている。