夫婦「言うことを聞かなかった」 息子2人への虐待容疑で送検

カテゴリ:地域

幼い2人の息子を虐待した疑いで20日に逮捕された、福島・郡山市の夫婦は、警察の調べに対し「言うことを聞かなかったから殴った」などと供述していることがわかった。

21日に送検された、郡山市の会社員・佐久間郡容疑者(31)と、妻のちひろ容疑者(28)。

2人は、3歳と4歳の息子の顔をベルトや手で殴り、全治1週間程度のけがをさせた疑いが持たれている。

警察によると、2人は容疑を認め「言うことを聞かなかったから殴った」などと供述しているという。

息子2人の体には、色が異なる複数のアザがあることから、警察は、2人が以前から日常的に暴力を振るっていたとみて調べを進めている。