「フラガールが生まれた街」PRへ アロハシャツでお得に

カテゴリ:地域

福島・いわき市では、「フラガールが生まれた街」をさらに広めようと、ある“お得な取り組み”が進められている。

いわきといえば、アロハシャツ。

アロハシャツを着ていれば、さまざまな特典が受けられるお店が増えている。

その取り組みとは、名付けて“まいにちアロハ”。

例えば、湯本温泉の対象旅館では、日帰り入浴の割引といった特典がある。

多くの人にアロハシャツを着てもらい、「フラガールの街」のイメージを広げようと、いわき市が3年前に始めた。

いわき市観光事業課・折笠貴之さんは、「(利用者からは)うれしいということ、店を増やしてほしいという声をいただいています」と話した

当初は2店舗だけだったが、多くの人が利用したため、2019年は36店舗まで増加した。

いわき市に24店舗を構えるスーパーの「マルト」も、8月10日から取り組みに参加。

カード会員限定で、1,000円の買い物につき、5ポイントが加算される。

マルトSC城東店・鈴木伸太郎店長は、「週末を中心に、アロハシャツを着て来店していただいて、(まいにちアロハを)やっているということで、買い物客に認知されてきたのかな」と話した。

21日までに400人が利用するなど、買い物客を呼び込むきっかけにもなっていて、いわき市を訪れる人が増えることも期待されている。

折笠さんは、「アロハシャツを着ていれば、参加している事業者であれば、(市民ではなくても)サービスが受けられる。いわきに遊びにいただけたらなと思います」と話した。

アロハシャツを着ると特典が受けられる、この取り組み。

マルトは8月いっぱい、ほかの参加店は10月末までで、いわき市は現在も参加店を募集している。