盲導犬への理解を深めよう! 大河原町の小学校でキャラバン

カテゴリ:地域

宮城・大河原町の小学校では、子どもたちに盲導犬や視覚障害への正しい理解を深めてもらおうと、「盲導犬学校キャラバン」が行われた。

これは、日本盲導犬協会仙台訓練センターが開いたもので、大河原町立金ケ瀬小学校の3年生の児童が参加した。

この日は、町内で盲導犬と生活する佐藤長一さんと盲導犬のオルフなどが学校を訪れ、児童らと触れ合った。

児童は、目隠しをした状態で実際に盲導犬に触れ、理解を深めた様子だった。

参加した児童は「盲導犬はすごいなと思った」、「盲導犬ユーザーの人も命令を出しているのを初めて知ったので、いい授業だった」などと話した。