福島県内の1週間を振り返ります。

カテゴリ:地域

福島県内の1週間を振り返ります。

7月21日に投票が行われる参議院議員選挙。

8日、候補者の公約や経歴などを掲載した、選挙公報が発送された。

選挙公報は、候補者の公約や経歴、それに各政党の比例代表名簿などが掲載されている。

参議院議員選挙の投票は、7月21日に行われる。

「グレーチング」と呼ばれる側溝のふたが、県内の各地で大量に盗まれる事件があり、9日、押収品が公開された。

窃盗などの罪で起訴されている、いわき市の会社員・芳賀裕光被告(51)は、2019年3月、市道に設置されたグレーチング11枚、12万円相当を盗んだとされている。

いわき市道路管理課・吉田昇係長は、「いっそう、パトロールは重点的に行う。被害がないように、今後進めていきたい」と話した。

芳賀被告は、盗んだグレーチングを転売していて、調べに対し「60カ所で700枚盗んだ」などと供述しているという。

10日、甲子園出場をかけた夏の高校野球福島大会が開幕した。

只見高校・渡部倫主将は、「最高の笑顔で、一球に魂を込めて、最後までプレーすることを誓います」と選手宣誓した。

令和最初となる大会には、県内の81校・75チームが出場し、甲子園を目指して熱戦が繰り広げられている。

決勝戦は、7月28日に行われる予定。

11日、郡山市の石筵ふれあい牧場で、開園前に見回りをしていた従業員の男性がクマに襲われた。

畜産振興事務所・青山雅昭事務所長は、「クマの被害とか見たことあるというのはない、出てきたことはなくて、初めてです」と話した。

襲ってきたクマは体長1メートルほどで、男性は、右腕と頭をかまれてけがをしたが、命に別条はないという。

郡山市内で人がクマに襲われるのは2019年初めてで、牧場では、安全が確認されるまで、開園を見合わせる措置を取った。

12日、田村市常葉町の「ムシムシランド」で、カブトムシの「放虫式」が行われた。

放たれたカブトムシは、「ム・シ」の語呂に合わせて640匹。

元気いっぱいに動き回るカブトムシに、地元の園児たちも大興奮。

園児は、「ここに乗せてみたんです。(自分の帽子に?)うん」、「戦うところが格好良くて楽しかった」などと話した。

「ムシムシランド」は、7月25日まで開園している。