3連休初日 各地で久々の青空 いわきの海水浴場で待望の海開き

カテゴリ:地域

13日から3連休という人も多いのではないだろうか。

そんな中、福島県内の海に、久しぶりに歓声が戻ってきた。

各地で夏日となった13日、いわき市の4つの海水浴場で待望の海開き。

天候不順を吹き飛ばすような青空のもと、勿来海水浴場など、いわき市の4つの海水浴場では13日、海開きが行われた。

いわき観光まちづくりビューロー・鹿崎耕司総務課長は、「本当にホッとしました。きのうまでずっとモヤモヤしていたが、これで気持ちも晴れた」と話した。

待ちに待った海開き。

海辺には、久しぶりに歓声が響き渡った。

フラダンスを披露した高校生は、「とてもいい天気で踊れて良かった」、「(海水は?)気持ちいいです」などと話した。

子どもは、「(いわきの海は?)大好きです」、「1万回来たい!」などと話した。

最高気温が26.4度と、夏日となったいわき市。

2018年の夏は晴れの日が多く、市内の海水浴場には、前の年のおよそ2倍にあたる9万5,000人が訪れた。

いわき観光まちづくりビューロー・鹿崎耕司総務課長は、「天気が良ければ、それだけお客さんが来ると思う。期待している」と話した。

いわき市の海開きの期間は、8月15日までとなっている。