楽天、一時逆転も踏ん張れず...9失点で連勝ストップ

カテゴリ:地域

13日に、東京ヤクルトスワローズと対戦した東北楽天ゴールデンイーグルス。

2点ビハインドの5回、島内宏明選手のタイムリーなどで、逆転に成功したが、終盤、リリーフ陣が踏ん張れず大量失点。

連勝ストップとなった。

4連勝中と勢いに乗る楽天は、今シーズン2度目の5連勝を目指し、石橋良太投手が先発した。

ところが4回、1アウト1塁のピンチを背負うと、東北高校出身・雄平選手に、2ランホームランを浴び、先制を許した。

反撃したい打線は5回、2アウトから、ランナー2人を置いて、1番・茂木栄五郎選手が、セカンドゴロでアウトの判定。

際どい判定に、平石洋介監督が、すかさずリクエストを要求した。

すると、リプレイ検証の結果、判定が覆り、セーフに。

これで満塁のチャンスに変わると、続くバッター・島内選手が、初球を逃さずとらえた2点タイムリーヒットを放ち、同点に追いついた。

さらにチャンスは続き、4番・ブラッシュ選手が、押し出しのフォアボールで勝ち越しに成功。

7回には、13日に1軍登録されたハーマン投手が、好投を見せた。

ストライク先行のピッチングで、ヤクルト打線を圧倒し、3者連続三振。

これで流れを引き寄せたかと思われたが、8回以降、リリーフ陣が踏ん張れず、終盤2イニングで、大量9失点。

3 - 11で逆転負けを喫し、連勝ストップとなった。