母親と兄か 男女2人の遺体を放置 61歳女を逮捕

カテゴリ:地域

自宅に母親と兄とみられる遺体を放置し遺棄した疑いで、警察は、宮城・仙台市青葉区の61歳の女を逮捕した。

逮捕されたのは、青葉区大倉の無職・早坂あつ子容疑者(61)。

警察によると、早坂容疑者は、90代の母親と60代の兄とみられる男女2人の遺体を自宅に放置し、遺棄した疑いが持たれている。

警察の調べに対し、早坂容疑者は容疑を認めていて、「母親が去年12月に、兄がことし3月に亡くなった」と話しているという。

遺体に目立った外傷はなく、警察は司法解剖を行い、死因を調べる方針。