教師が「みんなでいじめよう」 教室の黒板に書き込む

カテゴリ:地域

教室の黒板に特定の生徒の名前を挙げて、「みんなでいじめよう」と書いたとして、県南地方の中学校に勤務する男性教師が懲戒処分を受けた。

減給の処分を受けたのは、県南地方の公立中学校に勤務する48歳の男性教師。

福島県教育委員会によると、男性教師は2018年10月10日の授業中に、男子生徒がつけていた整髪料について注意したあと、黒板の「行動目標」の欄に「調子に乗っているからみんなでいじめよう」などと書いていた。

このあと男子生徒は欠席が増え、不登校になったという。

県教育委員会では、校長についても対応が不適切だったとして、戒告処分とした。