福島駅前で大事故を想定した訓練 2020年東京五輪を前に

カテゴリ:地域

2020年の東京オリンピックに向けて、福島市で大きな事故を想定した訓練が行われた。

JR福島駅前で行われたのは、警察や消防などによる災害対応訓練。

訓練は、軽自動車の運転手が意識を失い、駅前を歩く外国人などをはねた想定で行われ、消防隊員などがタブレット型の翻訳機を使って、けがの状況を確認した。

2020年の東京オリンピックで野球とソフトボールの予選が行われる福島市には、多くの外国人観光客が訪れることが予想されていて、大規模な事故やテロなどに備えた対策が求められている。

消防や警察などでは、今後もこうした訓練を重ね、安全を徹底したいとしている。