楽天 1点を争う攻防 延長10回にドラマ

カテゴリ:地域

プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスは、16日、埼玉西武ライオンズと対戦し、息詰まる攻防の末、今シーズン初のサヨナラ勝ち。

島内選手のアクシデントに、ウィーラー選手がバットで応えた。

1点を追う楽天は3回、2番・茂木選手。

「追い込まれていたので、どんな球でも対応しようと思った」と、豪快なフルスイングで放った2号ソロで、同点に追いついた。

さらにこの回、相手のミスで得たチャンスでウィーラー選手が、ライト線へ運ぶ当たりに、懸命に2塁へヘッドスライディング。

ムードメーカーがチームを盛り上げた。

しかし、先発の辛島選手がピリッとしなかった。

ちょうど1週間前に対戦した西武戦でホームランを許した山川選手に、2打席連続でツーベスヒットを許すなど、5回を投げて3失点。

3勝目の権利を手にすることはできなかった。

このあと、再びビハインドで迎えた6回、チャンスで嶋選手。

打率1割台に苦しむベテランが、同点タイムリー。

4試合ぶりのスタメン起用に応えた。

その後は、強力な中継ぎ陣が、ランナーを出しながらも得点を与えず、9回は、守護神・松井裕樹選手が、1イニングで2三振を奪う力投。

延長戦に突入した。

迎えた10回に、先頭の茂木選手がこの試合3本目のヒットを放ち、ノーアウトからチャンスを作ると、浅村選手がフォアボールを選び、チャンスは2塁1塁に拡大。

ここで4番・島内選手がバントの構えを見せたが、投球があご付近を直撃。

もん絶する島内選手の姿に、場内は騒然とした。

このアクシデントに、助っ人・ウィーラー選手が奮起。

犠牲フライとなり、ウィーラー選手自身、来日して初めてサヨナラ劇を演出。

4時間16分の熱戦に終止符を打ち、5x - 4で、チームを再び首位へ押し上げた。

島内選手は16日、仙台市内の病院で検査を受け、首の打撲のみで大事には至らなかったが、17日はベンチを外れ、欠場になった。

そして17日の西武戦には、ウィーラー選手が、今シーズン初めて4番に座っている。